it-swarm-ja.tech

nVidiaドライバーの更新中にエラーを回避するためにXサーバーを閉じる方法は?

NVidiaドライバーを更新しようとしましたが、ドライバーのインストールを実行するとエラーが発生しました。

エラーを参照してください:

  ERROR: You appear to be running an X server; please exit X before            
         installing.  For further details, please see the section INSTALLING   
         THE NVIDIA DRIVER in the README available on the Linux driver         
         download page at www.nvidia.com.

注:「init 3」と入力してガイドを試してみましたが、何も変わりません。Xサーバーを閉じる方法は?

だから私はドライバーを更新することができます

36
Rev3rse

Nvidiaのインストール/更新をこれまでに得たことはないと思いますが、ここでは:

# To stop:
Sudo init 3
# To resume:
Sudo init 5

Ubuntuで動作するかどうかは100%わかりませんが、IIRCではinitから移動しました。 Ubuntuでこれを試してください(gdmをkdm/slim /使用しているディスプレイマネージャーに置き換えてください)。

# To stop:
Sudo service gdm stop
# To start:
Sudo service gdm start

Xセッション全体を停止すると確信しています

あまりきれいではなく、あなたはそれらを殺すことができます:

Sudo killall /usr/bin/X

しかし、彼らは復活するかもしれません。

18
Kevin

バージョンによって、Xサーバーの停止方法は異なります。 Xサーバーを停止するには、グラフィックモードを終了し(たとえば、alt+ctrl+F1と入力して)、ログインしてから、次のいずれかのコマンドを入力する必要があります。

Sudo service lightdm stop

Sudo service gdm stop

Sudo service kdm stop  //this is the one that worked for mi as I use kdm and Linux mint

これで、ドライバーをインストールして、次のように入力できます。

Sudo reboot

Sudo serviceと書いたら、tabを押して、オプション(gdm、kdm、...)を表示します。

6
Jav_Rock

エラーが示すように、まだXサーバーを実行しています。このエラーは、ログイン中にNvidia .runファイルをインストールしようとすると発生します。

ログアウトしていることを確認してください。

  • CTRL + ALT + F1を押し、資格情報を使用してログインします。
  • Sudo service lightdm stopまたはSudo stop lightdmと入力して、現在のXサーバーセッションを強制終了します
  • Sudo init 3(またはSudo init 5と入力してランレベル3(または5)を入力し、。runファイル。
  • インストールが完了すると、再起動が必要になる場合があります。そうでない場合は、Sudo service lightdm startまたはSudo start lightdmを実行して、Xサーバーを再起動します。
4
Manan Sharma

Linux Mintを使用している場合は、Sudo service mdm stop

1
crypdick

私はkubuntuを実行していますが、同じ問題があり、どの回答も機能しませんでしたが、「低グラフィックモード」で実行されているというメッセージが表示されました。 Xサーバーを終了するには、ctrl-alt-backspaceを押す必要がありました。

Sshを使用してマシンに接続し、その後Nvidiaドライバーをインストールしました。おそらくctrl-alt-F1を使用して仮想シェルに行くことはうまくいくでしょう。

0
localhost

別のランレベルへの起動

Linuxのランレベルは、システムの起動時またはシャットダウン時に自動的に開始および停止されるサービスを決定します。ランレベルの範囲は通常0〜6で、ランレベル5は通常、サービスの一部としてXウィンドウシステムを起動します(ランレベル0は実際にはシステムの停止で、6はシステムの再起動です)。 Xが実行されていないときにNVIDIA Linuxドライバーをインストールすることをお勧めします。インストールに問題がある場合に備えて、再起動時にXが起動しないようにすることをお勧めします(そうしないと、システムが壊れて自動的に試行される場合があります。 Xを起動しますが、起動中にハングし、Xを修正するために必要な修復を実行できなくなります。ネットワークの設定に応じて、ドライバーのインストールにはランレベル1、2、または3で十分です。レベル3には通常、ネットワークサービスが含まれるため、インストール中にシステムが使用するユーティリティがリモートファイルシステムに依存している場合、レベル1および2では不十分です。通常、システムがコマンドプロンプトを使用してコンソールから起動する場合は、何も変更する必要はありません。システムが通常、グラフィカルログインとデスクトップを使用してXウィンドウシステムで起動する場合、Xを終了し、デフォルトのランレベルを変更する必要があります。

ほとんどのディストリビューションでは、デフォルトのランレベルは/ etc/inittabファイルに格納されていますが、独自のディストリビューションについてはガイドを参照する必要がある場合があります。デフォルトのランレベルを示す線は次のように表示されます

id:n:initdefault:

または同様、nはランレベルの番号を示します。/etc/inittabはrootとして編集する必要があります。この概念に慣れていない場合は、ファイルの編集およびrootユーザーに関するセクションをお読みください。また、ファイルを誤って破損した場合に備えて、ファイルを編集する前に、ファイルのコピーを作成しておくことをお勧めします。

# cp /etc/inittab /etc/inittab.original

この行は、適切なランレベルがデフォルト(ほとんどのシステムでは1、2、または3)になるように編集する必要があります。

id:3:initdefault:

変更を保存したら、Xを終了します。ドライバーのインストールが完了したら、/ etc/inittabをもう一度編集するか、バックアップコピーを元の名前に戻すことにより、デフォルトのランレベルを元の状態に戻すことができます。

ディストリビューションが異なれば、Xを終了する方法も異なります。多くのシステムでは、initユーティリティが現在のランレベルを変更します。これは、Xが実行されていないランレベルに変更するために使用できます。

init 3

Xを終了する方法は他にもあります。ディストリビューションに問い合わせてください。

NVIDIA Accelerated Linux Graphics Driver README and Installation Guide

以下を使用して、すべてのプロセスをリストします。

ps ax

以下を使用して、実行中のすべてのサービスをリストします。

service --status-all | grep +
0
DevWL

ターミナルに入力

Sudo killall Xorg

次に、Nvidiaドライバーをインストールします。