it-swarm-ja.tech

Windows:サービスアカウントのネットワークドライブをマップできますか?

タイトルは本当にそれをすべて言います。

サービスに表示されるネットワークドライブマッピングを作成することは可能ですか?もちろん、サービスが共有へのアクセス許可を持つドメインアカウントで実行されているとします。

2
Tomalak

永続的なドライブマッピングは、サービスが使用しない対話型ログイン中にのみ復元されます。ネットワークドライブを使用するサービスを取得する唯一の方法は、そのサービスがドライブ自体をマップするか、マップされたドライブではなくUNCパスにマップすることだと思います。

3
Sam Cogan

Psexecユーティリティで次のようにします。

管理者特権のcmd.exeプロンプトを開きます(管理者として実行)。次に、psexec -i -s cmd.exeを実行します。あなたは今「ntauthority\system」です:)今あなたがしなければならないのはNet Use z: \servername\sharedfolder /persistent:yesだけです

マップされたドライブを削除する必要がある場合は、同じ方法で削除する必要があることに注意してください(代わりにNet Use z: /delを実行します)。

4
JGurtz

何故なの?私の仕事はいつもこれを行っていますが、あなたのユーザーアカウントはおそらく私たちよりも少し制限が厳しいと思います。つまり、デスクトップセッションにログインしないアカウントについて話しているのです。

しかし...doアカウントにデスクトップセッションとしてのログインを許可した場合...

他のユーザーと同じようにアカウントを作成し、他のユーザーと同じようにログオンスクリプトを提供しますが、これはそのアカウントに合わせて特別に調整されたものです。 電源投入時にマシンを自動ログオンするように設定します これにより、ドライブがマップされるスクリプトが実行されます。シンプル。

それができない状況で立ち往生している場合でも、これを行うにはデスクトップセッションが必要です-したがって、サーバーにログインする唯一のタスクを持つ、他のアカウントとは別の単純なサービスアカウントを作成しますドライブアクセスを提供します。セキュリティのために、そのアカウントをドライブアクセスのみにロックダウンします。他のアカウントには独自の特権があり、このように関連付けられていません。両方の長所。


以下のいくつかのコメントに関連して、これはWindows XPまたは2003セットアップの観点から行われています。それ以来、状況は少し変わりました。ほとんどの人がWin7と2008を実行しており、どちらも新しい機能を備えています。 。元の質問では、使用されている環境が指定されていなかったため、私が答えることができるのは、私が精通している環境のみです。

また、GUIが必要なもの全体は、実際にはWindowsがどのように販売および販売されたかの成果物です1990年代頃。このため、マイクロソフトがヘッドレス環境をサポートするための適切なツールを作成するまでには、長い時間(10年近く)がかかりました(PowerShellとGUIなしの2008をご覧ください)。当時の一般的な出来事は、単に別のマシンを購入してログインし、サービスを実行して、ボックスを隅に貼り付けることでした。当時のこの考え方の結果として、制御不能なサーバーの増加が奥の部屋で発生することは珍しくなく、副作用としてより多くのライセンスが必要になりましたおよび購入するシート。何年にもわたって、より多くのサーバーをインストールするこの「有機的成長方法」は、ユニットコスト、電力需要、仮想化、および予算削減が犠牲になったために削減されました。今日、それは単に色あせた記憶であり、あなたは本当に「古き良き時代」を覚えている人々を見つけることができません。

私のような古いシステム(XP/2003)にもっと良い解決策があれば、私は知りたいのですが、それは確かに貴重な情報になるでしょう。


P.S. 10年前のソフトウェアを実行するための不必要な嘲笑を積み上げる前に、(a)ここですべての決定を下すわけではない(b)新しい技術をフォークするためのチェックに署名しない(c)= ERP私の仕事のアプリケーションは、「XPエミュレーション」(つまり、再バッジされたVirtual PC)拡張機能を使用しないと、Windows 7で確実に実行されない可能性があります。最後に、(d)私の仕事は非常にコストに敏感なので、スローします。すべてを取り出して「新しくて光沢がある」ようにすることは、常にあまり意味がありません。

1
Avery Payne