it-swarm-ja.tech

毎回コンピュータをスリープモードにすると有害になる特定の技術的な考慮事項はありますか?

多くの場合、開いているものが多く、ラップトップをシャットダウンしたくないので、転送するときにスリープモードを使用します。しかし、これに欠点があるかどうかはわかりません。

だから私の質問:毎回コンピューターをスリープモードにするのに有害になる技術的な考慮事項はありますか?

関連する影響:

  • コンピューターを時々オフにすることで、このような問題は軽減されますか?
  • スリープモードを継続的に使用すると、システムの速度が低下することが知られていますか。
  • スリープモードの継続的な使用は、長期的な副作用を引き起こすことが知られていますか?その場合、技術的な理由は何ですか?

参考までに、ラップトップでWindows 7を使用しています。

24
Ivo Flipse

もう1つのマイナス点は、ラップトップがスリープモードの間も少量のバッテリーを消費することです。

休止状態は、完全に電源を落とすことを検討するもう1つのオプションです。それでも、休止状態にいたときとまったく同じ場所に戻ることができます。

コントロールパネル-> 電源オプション-> プラン設定の変更-> 高度な電源設定の変更-> スリープ-> ハイブリッドスリープを許可(<-コマンドプロンプトからpowercfg -h onと入力することもできます)

これらの設定が適用されたら、同じダイアログボックスでPower Buttons and Lidに移動して、それをHibernateに設定できます。

一部のシステムプロセスとアプリケーションはリソースを浪費してしまい、それを解放する唯一の方法は再起動することです。

13
Kez

多くの場合、ドライバーはスリープをサポートしていません。その結果、コンピューターの安定性が低下する可能性があります。

たとえば、ビデオハングの問題は、スリープサイクルの後に発生する可能性が高いようです...

8
Tamara Wijsman

スリープモードは基本的に、ラップトップを少し動かす必要がある場合に使用します。ただし、ラップトップを夜間または長時間、たとえば1日3時間以上スリープ状態にしておくと、長期的な影響として、ほとんどのバッテリーが損傷したり、寿命が短くなったりします。これは、スリープモードでの継続的な使用によるものですが、消費電力はごくわずかです。

時間の経過とともに、再開時にグラフィックスドライバが正しく動作しない場合があるため、画面を明るくしたり暗くしたりするのではなく、充電器のプラグを差し込んだり抜いたりすると、画面が黒くなることがあります。その他の望ましくない影響には、RAMの寿命があり、マシンが使用されていないときでも常に充電を保持しているため減少します。代わりに長期間休止状態にすることをお勧めします。

1
samuel k.

私が時々再起動を行う理由は、一部のソフトウェアは更新を完了するために再起動する必要があるためです(再起動を強く要求する明らかなWindows Updateは別として)。

それ以外に、スリープモードサイクルを通じてWindows(私の場合はVista)の長い稼働時間を維持するための悪影響はありませんでした。

1
VonC