it-swarm-ja.tech

リモートデスクトップクライアントの「ビットマップキャッシュ」オプションは何をしますか?

この設定は常に私を混乱させました:

Remote Desktop Connection Dialog

Windowsリモートデスクトップクライアントのビットマップキャッシュオプションは正確には何をしますか?接続のパフォーマンスを向上させることになっていると理解していますが、どうやって?本当にそれだけの違いなのでしょうか?

31
Saul Dolgin

ビットマップのキャッシュとは、画像やその他のビットマップリソースが後で再利用できるようにクライアントコンピューターにローカルに保存されることを意味します。このように、リモートサーバーまたはPCは画像を2度送信しないため、送信されるデータの量が減り、帯域幅の使用を節約できます。

このオプションは、低速(低帯域幅)接続で特に意味があり、同じローカルエリアネットワーク内のマシンに接続している場合は少なくなります。

このオプションを有効にすると、リモートデスクトップクライアントはビットマップをクライアントのハードディスクにあるBMCファイルにキャッシュします(例:Windows XP)。

C:\Documents and Settings\<username>\Local Settings\
     Application Data\Microsoft\Terminal Server Client\Cache 

フォルダ。

(コンピューターがドメインの一部である場合は興味深い):キャッシュフォルダーは「ローカル設定」フォルダーに格納されているため、ローミングユーザープロファイルの一部として複製されません。

27
splattne

デスクトップの背景やアイコンなどのビットマップをキャッシュします。

こちらが Microsoftの記事 です。

ドキュメントから:

永続的なビットマップキャッシュ

TS 4.0に存在していたビットマップとグリフのメモリキャッシングに加えて、永続的なビットマップキャッシングが追加されました。サーバーからのビットマップがクライアントマシンのディスクに保存されるようになりました。これにより、キャッシュされたビットマップをクライアントセッション間で再利用でき、さらに大きなキャッシュサイズ(10MB対1.5MB)も提供されます。図4( リンクされたドキュメント )に示されているように、永続的なキャッシュを追加すると、ネットワーク接続を介して送信されるデータの量が減少し、ビットマップをレンダリングするのにかかる時間が短縮されます。画面、ネットワーク接続の速度に比例

ドキュメントは9年前に作成されたため、一部は古くなっている可能性がありますが、ビットマップキャッシングの背後にある理由をうまく理解できれば幸いです。

8
Ant

RDPは、仮想画面からの生のピクセルだけではなく、クライアントへのPaintコマンドの送信に依存しているため、最終的にPaintコマンドは「このビットマップを画面にペイントする」と表示され、それらのコマンドについてはビットマップのコピーが送信されますクライアントにも。

その設定はそれらのコマンドのビットマップをキャッシュするので、次にコマンドが同じビットマップで来るとき、ビットマップは送信される必要はありません。これにより、低速な接続でRDPプロトコルが大幅に高速化されます。

6