it-swarm-ja.tech

リモートデスクトップのパフォーマンスを向上させる方法

Windowsでリモートデスクトップのパフォーマンスを向上させるにはどうすればよいですかXP sp3?これは仕事用です。ネットワーク接続の向上はオプションではありません。上司へのネットワークアップグレードを提案しましたが、そうではありません。現在、予算内ですが、自宅のコンピューターにアクセスする必要があります。

15
H B K

最善の方法は、単純に不要な機能をオフにし、他の機能を弱めるです。

リモートデスクトップを開いた状態で、[Options >>]ボタン:

alt text

ウィンドウのサイズが大きくなり、次のようにいくつかのタブが表示されます。

alt text

これらは、パフォーマンスを向上させるために確認するメインタブです。

「表示」タブ

このタブでリモートデスクトップを表示するサイズを小さくすることができます。これを下げるとパフォーマンスが大幅に向上します。テキストを読んで、何をしているかを確認できることを確認してください。

このタブで色の詳細を変更することもできます。単にテキストを表示している場合は256色で問題ありません。256が低すぎる場合は、15ビットまたは16ビットを試してください。

「ローカルリソース」タブ

このタブで唯一の主な帯域幅を食べる人は、リモートサウンドです。リモートコンピュータから音を聞く必要がない場合は、これを完全にオフにすることをお勧めします。

「体験」タブ

このタブでは、「ビットマップキャッシュ」以外のすべてのチェックボックスをオフにすることをお勧めします。ビットマップキャッシュは、スタートメニューの画像やシステムトレイなど、最も頻繁に表示される画像をダウンロードし、ローカルのPCに保存します。低帯域幅のユーザーにとっては、画面のこれらの「チャンク」が更新のたびに再送信されないため、これは有益です。

16
John T

私はこれが古いトピックであることを知っていますが、他の人にとっては、RDPファイルでこの行が1に設定されていることを確認してください:

bitmapcachepersistenable:i:1

これはUIから実行できますが、次の魔法の行も追加します。

bitmapCacheSize:1:32000

これにより、ビットマップキャッシュが最大になるため、ビットマップデータを要求する頻度が少なくなります。

15
Bernesto

視覚スタイルの無効化、無地の背景の設定など。 [マイコンピュータのプロパティ]-> [詳細設定]-> [パフォーマンス設定]に移動し、[最適なパフォーマンスに調整]を選択します。

1
jtimberman

まだ言及されていない主な要因は、コンピューターにインストールされているハードウェアです。コンピュータのハードウェアが着信/発信情報を十分に速く処理できない場合は、光ファイバー接続があってもかまいません。このボトルネックは通常、イーサネットアダプター/ネットワークカードで発生します。多くの古いXPマシンと多くのラップトップ、新しいものであってもはありませんは高をフルに活用する能力を持っていますこれは、ネットワークアダプターが通常100メガビットで最大になっているためです。

これを全体的に見ると、100メガビット/秒は12.5メガバイト/秒であり、ネットワーク上のオーバーヘッド、ホスト/リモートPC、および大規模なインターネット上のトラフィック。

最適な速度は、ギガビットイーサネットカードを、ギガビット標準を処理できるルーター/スイッチとペアにすることで実現できます。これにより、速度が最大1000mbps(〜1gbps)または125メガバイト/秒に向上します。速度と標準の詳細については、 この記事 を参照してください。

0
Daedalus

上記のすべてを行うリモートデスクトップアプリケーションの使用を検討してください。

GoToAssist Citrixは、イメージを最適化することにより、送信されるデータを積極的に削減します。無料でお試しいただけます。 512Kbit/128Kbit ADSL接続までのあらゆるダウンに対応

リモーティング先のPCで何をするかについては、かなり制限される場合があります。たとえば、Vistaでは、ネットワーク接続のプロパティをリモートで変更することはできません。これを回避する方法はあるかもしれませんが、よくわかりません。

私はサポートの観点からのみ使用しましたが、それが何をするかについては、かなり独創的だと思います

0
Ciaran

色を下げることは役に立ちません。 ** http://blogs.msdn.com/b/rds/archive/2009/03/03/top-10-rdp-protocol-misconceptions-part-1.aspx **を参照してください

0
Eric