it-swarm-ja.tech

ログによると、Windows7は予期せずシャットダウンしています

これが私のeventvwr EventLogからのメッセージです(Windowsログ>システム):

The previous system shutdown at 11:51:15 AM on ‎7/‎29/‎2009 was unexpected.

Civilizations IVをフルスクリーンでプレイしているときに、なぜシステムがシャットダウンするのか疑問に思っていたので、これはおかしいです。今私は知っている。意外でした。

誰かがこれに遭遇して解決しましたか?

少し背景:

私は、MacBook(Bitterly not Pro)のアルミニウム製ボディのVMWare Fusion 2(数か月前に更新されたばかり)内でWindows 7 RCを実行しています。 Windows7は時々シャットダウンします。これはすぐにオフになるわけではなく、すべてのプログラムが終了するシャットダウンであり、システムは終了するまで待機し(Civ4は保存を要求しません)、再起動する前にWindowsUpdateをインストールします。はい、シャットダウン直後に再起動しています。フルスクリーンモードでゲームを実行しているので、カウントダウンタイマーなどの警告のようなダイアログは表示されません。

ダッシュボードウィジェットにiStatがあるので、約8台の温度モニターを見ることができます。以前にCPUが74Cに達するのを見たことがありますが、シャットダウン中は触ると熱く見えましたが(常にそうです)、CPUは61C、ヒートシンクAは60C、ヒートシンクBは50C、30〜40秒でした。エンクロージャーとハードドライブ用。今これをタイプしていると、実際には気温が高いので、気温が原因ではないと思います。

Windows 7をインストールしてから1週間後の5月17日から、少なくとも6つのイベントが発生しました。

システムログで、USER32から次のような情報レベルの警告が1つ見つかりました。

The process C:\Windows\system32\svchost.exe (DLAMBLIN-WIN7) has initiated the restart of
computer DLAMBLIN-WIN7 on behalf of user NT AUTHORITY\SYSTEM for the following reason:
 Operating System: Recovery (Planned)
 Reason Code: 0x80020002
 Shutdown Type: restart
 Comment: 

そして、その15分前にWindows Updateから:

Restart Required: To complete the installation of the following updates, 
  the computer will be restarted within 15 minutes: 
- Cumulative Security Update for Internet Explorer 8 for Windows 7 Release Candidate
  for x64-based Systems (KB972260)

それは一種の説明だと思います。更新後に再起動すると「シャットダウンが予期しない」というエラーイベントが発生する理由はわかりませんが、それはかなり奇妙なことではありませんか?

さて、何かをクリックしない限り、更新後に再起動しないように設定するにはどうすればよいですか。

ソリューションの適用:

fretje が思い出したように、これにはいくつかの構成可能な設定があります。Windows7では、Windows 2000SP3およびXP SP1とほぼ同じ場所にあります。 gpedit.mscを実行すると、次のようなウィンドウがポップアップ表示されます。

gpedit.msc

Windows 7は順序を変更し、イタリック体で示したいくつかの新しいオプションを追加しました。

  1. [Windowsのシャットダウン]ダイアログボックスに[更新のインストールとシャットダウン]を表示しない
    • [Windowsのシャットダウン]ダイアログボックスで、デフォルトのオプションを[更新のインストールとシャットダウン]に調整しないでください
    • Windows電源管理を有効にしてシステムを自動的にウェイクアップしてスケジュールされた更新をインストールする
    • 自動更新を構成する
    • イントラネットMicrosoftUpdateサービスの場所を指定する
    • 自動更新の検出頻度
    • 非管理者が更新通知を受信できるようにする
    • ソフトウェア通知をオンにする
  2. 自動更新をすぐにインストールできるようにする
    • 自動更新を介して推奨される更新をオンにする
    • 自動再起動なしログオンしているユーザースケジュールされた自動更新
    • スケジュールされたインストールで再起動するように再プロンプトします。
    • スケジュールされたインストールの再起動の遅延
    • 自動更新のスケジュールされたインストールを再スケジュールする
    • クライアント側のターゲティングを有効にする
    • イントラネットMicrosoftUpdateサービスからの署名付き更新を許可する

個人的には、9、11、12、13を有効にすることを選択しました。9は、Windowsを再起動したりサービスを停止したりする必要のない更新のみを有効にします。 11を有効にすると、実際には自動再起動が無効になります。 12と13が有効になり、スクロールホイールで最大値に設定されました。 16は良さそうに聞こえますが、独自の更新サーバーがないユーザーには影響しません。

補遺

WindowsのHomeエディションにはgpedit.mscが付属していないため、レジストリに 直接設定 する必要があることが指摘されています。 NoAutoRebootWithLoggedOnUsers以外に追加できる設定はおそらく他にもあります...実際、今から確認します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AUで大丈夫追加:

  1. AutoInstallMinorUpdates = 1
    • NoRebootWithLoggedOnUsers = 1
    • RebootRelaunchTimeout = 1440(10進数)
    • RebootRelaunchTimeoutEnabled = 1 [それが私が望んでいたものかどうか実際に興味があります]
    • RebootWarningTimeout = 30(10進数)
    • RebootWarningTimeoutEnabled = 1 [#2のため、上記の4つは発生しないと思います]
10
dlamblin

ジェフは実際に blogged これについて。

これはWindows用です=​​XPですが、これはWindows 7でも機能すると思います。基本的には、ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)でスイッチを切り替えることになります。

7
fretje

ホームバージョンのWindowsを使用している場合、グループポリシーエディターはありませんが、レジストリハックを使用して無効にすることができます。

また、レジストリを手動でハッキングしたくない場合は、ダウンロード可能なバージョンを用意しています。

Windows Updateがコンピュータを強制的に再起動しないようにする

3
The How-To Geek