it-swarm-ja.tech

VMwareインフラストラクチャWebアクセス証明書の問題

VMWare Infrustructure Web Accessページへのショートカットを起動するたびに、IE7でデジタル証明書を選択するように求めるメッセージが表示されます。デジタル証明書を持っていないので、「OK」または「キャンセル」をクリックします。どちらでも構いません。 「このウェブサイトのセキュリティ証明書に問題があります」という画面が表示されます。 「このウェブサイトに進む(非推奨)」をクリックする必要があります。もう一度デジタル証明書を選択するように求められますが、何も選択せずに[OK]をクリックします。次に、ユーザー名とパスワードの入力を求められます。これを行うと、ようやくログインできるようになります。

すべてが機能しますが、IE7ツールバーは証明書エラーがあることを教えてくれます。

Untrusted Certificate.
The security certificate presented by this website
was not issued by a trusted certificate authority.
This problem may indicate an attempt to fool you or
intercept any data you send to the server. We 
recommend that you close this webpage.

証明書エラーをクリックして[証明書のインストール]オプションを選択し、IEを再起動しましたが、エラーが残ります。

仮想マシンを管理するたびに、プロセス全体が煩わしくなります。誰かがこれを修正する方法を知っていますか?

4
Jim

ESXおよびVirtualCenterでデフォルトでインストールされるSSL証明書は、自己署名されています。つまり、ブラウザ(すべてのブラウザ)はデフォルトでそれらを信頼しません。いくつかの選択肢があります。

  • 自己署名証明書を信頼されたルート証明機関に追加します
  • 自己署名証明書を、信頼できる認証局から購入した証明書に置き換えます
  • 自己署名証明書を、独自の信頼できる認証局から生成した証明書に置き換えます

この問題に自分で対処したときに見つけた証明書の置き換えオプションについて詳しく説明しているブログ投稿がいくつかありました。しかし、私の人生のために、私はもうそれらを見つけることができません。

1
Ryan Bolger

これは、VMWareサーバー2の一般的な問題です。

Windowsエクスプローラー(v8)を使用している場合、証明書エラーによりWebブラウザーが保護モードになり、使用がかなり困難になります。

クイックハックアプローチ:(30秒)

  1. 信頼できるWebサイトのリストにWebサイトのアドレスを追加します([ツール]-> [インターネットオプション]を使用)
  2. 接続すると、証明書が失敗したことが通知されるという事実を受け入れてから、[続行]をクリックします。

考えられる修正の1つ:(〜5分)

これを適切に修正するには、vmware証明書「rui.crt」をWebブラウザの「信頼されたルート認証局」にインポートして、Webブラウザがこの証明書を信頼することを認識できるようにする必要があります。

  1. サーバーで証明書ファイル(rui.crt)を見つけます。私のインストールでは、/ etc/vmware/sslにあります。
  2. このファイルを、Windowsクライアントマシンでアクセスできる場所にコピーします。
  3. Windowsクライアントマシンで、rui.crtファイルをダブルクリックします。
  4. 証明書を配置する場所を選択できる場合は、Windowsが証明書ストアを自動的に選択できないようにしてください。 (それ自体が検証する場所には配置されません...)
  5. 証明書ストアとして、[信頼されたルート証明機関]を選択します
  6. インストールウィザードを完了します。

新しいブラウザウィンドウを開いて、再試行してください。

2
Michael Shaw

これが Microsoft からの解決策です

1
CPU_BUSY

証明書の有効期限が切れている場合は、単に 再生成 証明書を作成する必要があります。

自己署名証明書を作成し、CAを使用して証明書に署名し、サーバー上で インストール それらを作成できます。証明書は/ etc/vmware/sslにあります

0
Zoredache