it-swarm-ja.tech

Ubuntu10.04でvim / gvimを7.3にアップグレードする最良の方法は?

職場でUbuntu10.04を使用する必要があり、アップグレードできません。 Vim/gVim 7.2を使用しています。

7.3にアップグレードしたい(PythonおよびRuby拡張サポート付き)。どちらが最善の方法ですか?sources.listsにエントリを追加してください。 7.3 vim/gvimパッケージをインストールするか、ソースからビルドしますか?各アプローチにはどのような欠点がありますか?

最初に確認する場所は、 バックポート があるかどうかですが、 ない です。これは マーベリックにもvim7.2があります なので驚くことではありません。

次に試すことは、誰かがvim 7.3パッケージのリポジトリをどこかに置き、できれば [〜#〜] ppa [〜#〜] であるかどうかです。多くの vimを使用したPPA があり、 いくつかwith7. (完全なリストではありません)を含みます。

バイナリパッケージがどこにも見つからない場合、または見つけたものが気に入らない場合、次の最も簡単なステップは、vim7.3を含む natty からソースパッケージを取得することです。ソースパッケージ(.dsc.debian.tar.gz、および.orig.tar.gz)をダウンロードして、実行します。

apt-get install build-essential fakeroot
apt-get build-dep vim
dpkg-source -x vim_7.3.035+hg~8fdc12103333-1ubuntu2.dsc
cd vim-7.3.035+hg~8fdc12103333
# Edit debian/changelog to add an entry with your name and “recompiled for lucid”
dpkg-buildpackage -rfakeroot -us -uc -b -nc

すべてがうまくいけば、ディストリビューション用のバイナリパッケージができあがります。依存関係の欠落やコンパイルエラーが発生した場合は、ケースバイケースで解決する必要があります。

次に試すことは、アップストリームの7.3ソースをUbuntuバージョンのパッケージでコンパイルすることです。これにより、すてきでクリーンなパッケージが得られますが、もう少し複雑なので、指示なしでこれを行うことに自信がない場合は、アップストリームソースをコンパイルすることをお勧めします。

上流のソースをコンパイルしてしまうと、デフォルトでは/usr/localの下のファイルになってしまい、それらをアンインストールしたり、持っているものを知ることも簡単ではありません。パッケージマネージャーを使用せずに何かをインストールする場合は、別のディレクトリ構造にインストールし、/usr/local(または~/usrなど)にシンボリックリンクを作成することをお勧めします。 Stow はそのためにいいです:

  • /usr/local/stow(または~/usr/stowまたはどこでも)の下にインストールします。多くのプログラムでは、./configure --prefix=/usr/local/stow/vim-7.3などを使用できます。これにより、メインバイナリが/usr/local/stow/vim-7.3/binに配置されます。
  • stow vim-7.3ディレクトリから/usr/local/stowを実行します。これにより、「通常の」ディレクトリにシンボリックリンクが作成されます。 /usr/local/bin/vim -> ../../stow/vim-7.3/bin/vim
  • このプログラムをアンインストールする場合は、stow -D vim-7.3を実行してシンボリックリンクを削除し、/usr/local/stow/vim-7.3を削除してください。

xstow も同様ですが、より強力なプログラムがあります(その利点の1つは、競合に対処できることです)。

ソースからビルドします。それはより速くなります。そのような1回限りのインストールのリポジトリを見つけて有効にしようとすると、さらに頭痛の種になります。

3
ixtmixilix