it-swarm-ja.tech

UbuntuがISOイメージではなくUSBイメージを提供しないのはなぜですか?

これまでのところ、Ubuntu(およびその派生物)は、ISOメディアを光学メディアに書き込むために配信しています。次に、これらのISOをUSBドライブに「書き込む」ためのツール(usb-creator)があります。私は間違っているかもしれませんが、今日では光学ドライブがもはや標準ではないため、Ubuntu(および他のOS)のインストールに大多数のユーザーが光学メディアを使用しないと思います。

「USBイメージ」は、通常、標準の dd で「焼き付けられた」ものであり、既存のOSであればすぐに使用できます。一方、Ubuntuから来ていない場合は、変換ツールがUbuntuのものとは異なる可能性があり、問題なく動作しません。

Ubuntuが「dd-able」イメージの代わりにISOを保持する利点は何ですか?

6
EnzoR

現在のisoイメージはddableであり、私が知る限り、イメージはかなり長い間ddableでした。

Sudo dd if=./ubuntu.iso of=/dev/sdx bs=16M

ここで、./ubuntu.isoは実際のファイルへのパスであり、/dev/sdxはターゲットUSBドライブです。

または、catの代わりにddを使用できます。

Sudo -i
cat ./ubuntu.iso > /dev/sdx
exit

繰り返しますが、./ubuntu.isoは実際のisoファイルへのフルパスを表し、/dev/sdxは実際のUSBデバイスです。

イメージがddableでなかったとしても、イメージをddable形式に変換するには、syslinuxコマンドをいくつか使用するだけです。


仮に、Ubuntu isoイメージがddableでない場合は、次のコマンドを実行するだけで済みます。

Sudo apt-get install syslinux syslinux-utils
isohybrid ./ubuntu.iso --entry 4 --type 0x1c
dd if=./ubuntu.iso of=/dev/sdx bs=16M

ここでも、./ubuntu.isoは実際のisoファイルへのパスであり、/dev/sdxは実際のUSBデバイスです。

ソース

15
mchid