it-swarm-ja.tech

LinuxでCPUの温度を監視するにはどうすればいいですか?

Linuxを使用してCPU温度を監視および表示する方法

132
chris

他の人が指摘したように、あなたはlm-sensorsパッケージが必要です。私は、パッケージをインストールすることに加えて、ロードする必要があるカーネルモジュールを識別するためにsensors-detectコマンドを実行するべきであることに言及すべきだと思いました。

まだ行っていない場合は、これを手動で1回実行して、コンピューターに搭載されているセンサーが検出されているかどうかを確認してください。

$ Sudo sensors-detect 
# sensors-detect revision 5249 (2008-05-11 22:56:25 +0200)

This program will help you determine which kernel modules you need
to load to use lm_sensors most effectively. It is generally safe
and recommended to accept the default answers to all questions,
unless you know what you're doing.

We can start with probing for (PCI) I2C or SMBus adapters.
Do you want to probe now? (YES/no): 
Probing for PCI bus adapters...
Use driver `i2c-i801' for device 0000:00:1f.3: Intel 82801G ICH7

We will now try to load each adapter module in turn.
Module `i2c-i801' already loaded.
If you have undetectable or unsupported I2C/SMBus adapters, you can have
them scanned by manually loading the modules before running this script.

We are now going to do the I2C/SMBus adapter probings. Some chips may
be double detected; we choose the one with the highest confidence
value in that case.
If you found that the adapter hung after probing a certain address,
you can specify that address to remain unprobed.

Next adapter: SMBus I801 adapter at 10c0 (i2c-0)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively): 
Client found at address 0x50
Probing for `Analog Devices ADM1033'...                     No
Probing for `Analog Devices ADM1034'...                     No
Probing for `SPD EEPROM'...                                 Yes
    (confidence 8, not a hardware monitoring chip)
Probing for `EDID EEPROM'...                                No
Client found at address 0x52
Probing for `Analog Devices ADM1033'...                     No
Probing for `Analog Devices ADM1034'...                     No
Probing for `SPD EEPROM'...                                 Yes
    (confidence 8, not a hardware monitoring chip)
Probing for `EDID EEPROM'...                                No

Some chips are also accessible through the ISA I/O ports. We have to
write to arbitrary I/O ports to probe them. This is usually safe though.
Yes, you do have ISA I/O ports even if you do not have any ISA slots!
Do you want to scan the ISA I/O ports? (YES/no): 
Probing for `National Semiconductor LM78' at 0x290...       No
Probing for `National Semiconductor LM78-J' at 0x290...     No
Probing for `National Semiconductor LM79' at 0x290...       No
Probing for `Winbond W83781D' at 0x290...                   No
Probing for `Winbond W83782D' at 0x290...                   No
Probing for `IPMI BMC KCS' at 0xca0...                      No
Probing for `IPMI BMC SMIC' at 0xca8...                     No

Some Super I/O chips may also contain sensors. We have to write to
standard I/O ports to probe them. This is usually safe.
Do you want to scan for Super I/O sensors? (YES/no): 
Probing for Super-I/O at 0x2e/0x2f
Trying family `National Semiconductor'...                   No
Trying family `SMSC'...                                     Yes
Found unknown chip with ID 0x2803
Probing for Super-I/O at 0x4e/0x4f
Trying family `National Semiconductor'...                   No
Trying family `SMSC'...                                     No
Trying family `VIA/Winbond/Fintek'...                       No
Trying family `ITE'...                                      No

Some south bridges, CPUs or memory controllers may also contain
embedded sensors. Do you want to scan for them? (YES/no): 
Silicon Integrated Systems SIS5595...                       No
VIA VT82C686 Integrated Sensors...                          No
VIA VT8231 Integrated Sensors...                            No
AMD K8 thermal sensors...                                   No
AMD K10 thermal sensors...                                  No
Intel Core family thermal sensor...                         Success!
    (driver `coretemp')
Intel AMB FB-DIMM thermal sensor...                         No

Now follows a summary of the probes I have just done.
Just press ENTER to continue: 

Driver `coretemp' (should be inserted):
  Detects correctly:
  * Chip `Intel Core family thermal sensor' (confidence: 9)

I will now generate the commands needed to load the required modules.
Just press ENTER to continue: 

To load everything that is needed, add this to /etc/modules:

#----cut here----
# Chip drivers
coretemp
#----cut here----

Do you want to add these lines automatically? (yes/NO)

運がよければ、あなたのラップトップはセンサーの配列をサポートするでしょう。そうでない場合、あなたはまだCPUのためのセンサーの基本的なセットを見つけるかもしれません:

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:       +40.5°C  (crit = +105.0°C)                  

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:      +35.0°C  (crit = +100.0°C)                  

coretemp-isa-0001
Adapter: ISA adapter
Core 1:      +40.0°C  (crit = +100.0°C)                  
121
nagul

(lm-sensorsからの) 'sensors'と(procps pkgからの) 'watch'を使用して、コマンドラインでセンサーデータをリアルタイムでモニターすることができます:

watch -n 1 -d sensors

これは1秒ごとにセンサーを表示し、前の秒との違いを強調表示します。

Every 1.0s: /usr/bin/sensors

...
temp1:       +55C  (high =   +50C, hyst =   +45C)   sensor = thermistor   ALARM
temp2:     +35.0C  (high =   +80C, hyst =   +75C)   sensor = thermistor
temp3:     +35.0C  (high =   +80C, hyst =   +75C)   sensor = thermistor
76
johnnyB

lm-sensors

Lm-sensorsは、Linux用のハードウェアヘルスモニタリングパッケージです。温度、電圧、ファン速度の各センサーから情報にアクセスできます。ほとんどの新しいシステムで動作します。このパッケージには、lm-sensorsからデータをセットアップして読むのを助けるプログラムが含まれています。

インストールするには:

# Sudo apt-get install lm-sensors sensors-applet

使用するには:

# sensors-detect
...
# sensors
V1.5:      +2.467 V  (min =  +1.42 V, max =  +1.58 V)   ALARM
VCore:     +1.479 V  (min =  +1.48 V, max =  +1.63 V)   ALARM
V3.3:      +3.373 V  (min =  +3.13 V, max =  +3.47 V)
V5:       +5.000 V  (min =  +4.74 V, max =  +5.26 V)
V12:      +11.734 V  (min = +11.38 V, max = +12.62 V)
CPU_Fan:   2299 RPM  (min = 4000 RPM)                     ALARM
fan2:         0 RPM  (min =    0 RPM)
fan3:      1057 RPM  (min =    0 RPM)
fan4:         0 RPM  (min =    0 RPM)
CPU:      +41.50°C  (low  =   +10°C, high =   +50°C)
Board:    +35.25°C  (low  =   +10°C, high =   +35°C)
Remote:   +35.50°C  (low  =   +10°C, high =   +35°C)     ALARM
CPU_PWM:   144
Fan2_PWM:  112
Fan3_PWM:  112
vid:      +1.550 V  (VRM Version 9.0)

またはアプレットをタスクバーに追加します。

enter image description here


Computertempアプレットを試すこともできます。

Ubuntuパッケージ

ホームページ

Computer Temperature MonitorはGNOMEデスクトップ用の小さなアプレットで、コンピュータのCPUとディスクの温度を画面に表示します。

温度をファイルに記録することもできます。温度に達したときに通知するようにアラームを設定できます。さまざまなセンサーを監視するために、パネルに複数のモニターを追加できます。これはCPU Frequency Gnomeアプレットのように設計されているため、パネル上で互いに一致します。

インストールするには:

Sudo apt-get install computertemp

そしてタスクバーに追加します

enter image description here

22
lyarwood

Dellサーバー(Poweredge R420)を実行しています Fedora / Red Hat Linux lm_sensorsをインストールしましたが、sensorsからカーネルドライバがロードされていないというメッセージが表示されました。必要なセンサーを見つけるためにsensors-detectを使ったところ、IPMIが必要だったことがわかりました。

Now follows a summary of the probes I have just done.
Just press ENTER to continue:

Driver `ipmisensors':
  * ISA bus, address 0xca8
    Chip `IPMI BMC KCS' (confidence: 8)

Warning: the required module ipmisensors is not currently installed
on your system. If it is built into the kernel then it's OK.
Otherwise, check http://www.lm-sensors.org/wiki/Devices for
driver availability.

私はページをチェックした、それは私にipmitoolを使うように忠告した。私はそれをインストールしましたが、それでもうまくいきませんでした。

$ ipmitool sensor
Could not open device at /dev/ipmi0 or /dev/ipmi/0 or /dev/ipmidev/0: No such file or directory
Get Device ID command failed
Unable to open SDR for reading

いくつかのより多くの研究の後、私はこのページに出くわしました: http://osdir.com/ml/hardware.ipmitool.devel/2008-02/msg00012.html

彼らのスクリプトipmimod.shは私にとってはすぐに使えるようになった。

#!/bin/bash

#IPMI kernel module installer for Redhat-style machines
#[email protected]

#07/26/06 - use absolute paths for modprobe
#05/01/06 - orig version

/sbin/modprobe ipmi_devintf

maj=`cat /proc/devices | awk '/ipmidev/{print $1}'`
echo $maj
if [ -c /dev/ipmi0 ]
then
   rm -f /dev/ipmi0
   /bin/mknod /dev/ipmi0 c $maj 0
else
   /bin/mknod /dev/ipmi0 c $maj 0
fi

IPMI_DRIVERS="ipmi_si ipmi_si_drv ipmi_kcs_drv"
for driver in $IPMI_DRIVERS; do
  find /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/char/ipmi | grep $driver > /dev/null
  RETURN_VALUE=$?
  if [ $RETURN_VALUE -eq 0 ] ; then
    #Here are specific memory locations for Supermicro AOC-type IPMI cards
    /sbin/modprobe $driver type=kcs ports=0xca8 regspacings=4
    break
  fi
done

それを実行した後、私はついにCPU温度を見ることができます:

$ ipmitool sensor | grep Temp
Inlet Temp       | 24.000     | degrees C  | ok    | na        | -7.000    | 3.000     | 42.000    | 47.000    | na
Temp             | na         | degrees C  | na    | na        | 3.000     | 8.000     | 77.000    | 83.000    | na
Temp             | na         | degrees C  | na    | na        | 3.000     | 8.000     | 77.000    | 83.000    | na

私はこれがデルのサーバーを持っている人が気温を取得するのが困難であるのを助けることを願っています。

9
msb

Linuxでは、温度情報センサーにアクセスできます。 RH6.2x64で動作します。

このドライバはlm-sensorsを使った読み込みサポートを含みます。

タイプ

modprobe coretemp
sensors
6

私は温度を監視するためにguiを使って他のソフトウェアを発見しました。ソフトウェアの名前は次のとおりです。Psensor: https://wpitchoune.net/psensor/

そしてインターネットからの記事を参照してください。 https://www.tecmint.com/psensor-monitors-hardware-temperature-in-linux/

Ubuntu/Mintにインストールするには、あなたの端末で次のコマンドを実行してください。

Sudo apt install psensor

アプリケーションを実行するには、単にこれを実行します。

Sudo psensor

ありがとう。

3
Wellington1993

ACPI

言及する価値があるacpiコマンド

acpi -t   # or -V for all

- t | - 熱:熱情報を表示

apt-cache show acpiから:

Description-ja:ACPIデバイスに関する情報を表示しますACPIシステムで "old"apmコマンドの機能を複製しようとします。 熱情報
ACPIの一時停止をサポートしていません。ACPIデバイスに関する情報のみを表示します。

ホームページ: http://sourceforge.net/projects/acpiclient

Ubuntu風のシステムでは、あなたはそれをでインストールすることができます

Sudo apt-get install acpi

注:watch -n 1 -d acpi -Vを使用して温度をモニターすることも、スクリプトを使用して(sensorsコマンドを使用するかしないで)色を追加してその出力(またはdate)を解析することもできます。出力をファイルに記録しています...

while [[ 1 ]] ; do acpi -t | awk '{printf ("%2.2f ",$4)}'; date; sleep 1 ; done

2
Hastur

スクリーンセーバーにそれを表示するためにconkyファイルでコマンドラインを返すことができます。それはスペースを食べるアプレットよりもまだ肥大していません。

Sudo apt-get install conky

次に、/ home /userフォルダに夢の.conkyrcファイルを作成して、起動時に起動したアプリケーションに追加します。

IMP:conkyまたは既成の.conkyrc、Ubuntu、およびubuntu-frフォーラムスレッドに関するチュートリアル、 Lifehacker 、およびその他のNice conkyセットアップに関するチュートリアルを参照してください。

1
zillion