it-swarm-ja.tech

DovecotのIMAPポートの変更

私はDovecotを実行して、人々が私のサーバー上の電子メールにアクセスできるようにしています。残念ながら、一部は通常のIMAPポートに接続できないネットワーク上にあるため、変更しようとしています。以下を含むように構成を変更しました。

protocol imap {
  listen = *.1433 *.143
  ...

その後、dovecotは再起動に失敗します:

Fatal: listen: Can't resolve address *.1433: Name or service not known

これを行う正しい方法は何ですか?可能であれば、両方のポートでリッスンすることをお勧めします。

3

dovecot-1.1.10-1.fc10を実行している私のFC10システムでは、構文は次のとおりです。

protocol imap {
    listen = *:9999 *:143
    ....
}

報告されているエラーを確認してください。構成が実際に正しい場合は、「アドレスはすでに使用されています」である可能性が高く、他のプロセスがポート9999ですでにリッスンしていることを意味します。

編集-質問を修正したようです。エラーは、「。」を使用していることです。ポートセパレータとして「:」の代わりに。

3
Alnitak

[〜#〜] faq [〜#〜] によると、私は少し調査をしました

Dovecot imap/popデーモンが複数のポートでリッスンすることは可能ですか?

いいえ、現在の安定版リリースにはありません。ただし、回避策があります。たとえば、ファイアウォールを使用して着信トラフィックを特定のポートにリダイレクトします。

以下のようなコマンドを使用すると、iptablesを使用して接続を9999から143にリダイレクトできます。

/sbin/iptables -t nat -A PREROUTING -p tcp --dport 9999 -j REDIRECT --to-ports 143
3
Zoredache

現在の(2015)Dovecotバージョンでは、異なるポートまたは複数のポートの構成が異なります。ポートごとにinet_listener ... {}セクションを追加します。私のDebian8(Jessie)システムでは、それは/etc/dovecot/conf.d/10-master.confにあります。

service imap-login {
  inet_listener imap {
    #port = 143
  }
  inet_listener imap_9143 {
    port = 9143
  }
  inet_listener imap_whatever {
    port = 54321
  }
}

システム上の別のファイルにある場合は、grep -r -l 'inet_listener imap' /etcで見つけることができます。

1
mivk