it-swarm-ja.tech

コンピュータをシャットダウンする必要はまだありますか?

最近のオペレーティングシステムでは、スタンバイまたは休止状態のコンピューター(デスクトップおよびラップトップ)を選択する代わりに、コンピューターを完全にシャットダウンする必要がありますか?

コンピューターをシャットダウンせずに継続的に実行し続ける(コンピューターをスリープ状態にするか、コンピューターが使用されていないときに休止状態にする)と、何らかの副作用がありますか?たとえば、ハードドライブの寿命が短くなったり、システム内部(プロセッサ、RAMなど))が通常よりも古くなったりしますか?

50
JFW

ソフトウェアの観点から見ると、オペレーティングシステムとその上で実行するプログラムは、一時ファイル、ディスクキャッシュ、ページファイル、オープンファイルディスクリプター、パイプ、ソケット、ゾンビプロセス、メモリリークなど、長期間の使用であらゆる種類の不良を蓄積する傾向があります。 、などなど。すべてのものはコンピュータの速度を低下させる可能性がありますが、システムをシャットダウンまたは再起動すると、すべてがなくなります。したがって、コンピュータをたまにシャットダウンすること(つまり、休止状態にしたり、スリープ状態にするだけでなく、実際にシャットダウンすること)は、コンピュータに一種の「新たなスタート」を与え、再びナイスでファッショナブルに見えるようにすることができます。

ただし、さまざまなコンピュータやOSがすべてこの現象の影響を受けるわけではありません。一般に、RAMが多いコンピュータは、RAMが少ないコンピュータよりもはるかに長い時間がかかります。いくつかのプログラムを起動して動作させるサーバーmuchは、さまざまなプログラムを絶えず開いたり閉じたりしてさまざまなことを実行しているデスクトップコンピュータよりも長く機能します。さらに、サーバーオペレーティングシステムは、長期的な使用向けに最適化されています。 LinuxとMac OSはWindowsシステムよりも長く動作する傾向があると言われていますが、私の経験では、ほとんどの場合、使用するプログラムに依存し、オペレーティングシステム自体のカーネル間の違いにはあまり依存しません。

ハードウェアの観点から見ると、ハードドライブは可動部分があるため、電源を入れたままにすると古くなります。シリコンチップは、サイクルの熱と電力によって劣化します。オペレーティングシステムは問題なく動作しますが、ハードウェアは電源を入れたままにしたり、最初に電源を入れたときに古くなります。

61
David Z

コンピュータをシャットダウンするのではなく実行したままにすることの最も明白な影響は、電気料金で見ることができます。コンピューターはスリープモードの間も電力を消費します(実行時よりも大幅に少なくなります)が、休止状態モードの場合は、オフのときよりも電力を消費しません。

22
Velociraptors

上記のエネルギー使用以外に、使用していないときにコンピューターを継続的に(つまり、スタンバイではなく)実行することのさらなる欠点は次のとおりです。

  • ファンにほこりが詰まり、最終的に過熱する可能性があります
  • (主にデスクトップに)損傷を与える可能性のある停電/サージのリスクが高まる。ただし、スタンバイ状態にある場合は、これでも問題になる可能性があります。
  • コンピュータmayパッチが適用されていない/影響を受けやすいソフトウェアと不適切なファイアウォールがある場合、リモート攻撃に対してより脆弱になります。もちろん、使用量に関係なく、コンピュータにこの問題がないことを確認する必要があります。

利点:

  • 最終的に特定のコンポーネントに損傷を与える加熱/冷却サイクルが少ない
13
James P

HDD、DVD-ROMなどのすべてのコンポーネントには、MTTFの定格が定義されています。つまり、故障するまでの回転時間数です。正確な数値については、定格を確認してください。使用されるほとんどのラップトップHDDは、停止するまでに数千回のスピンダウンサイクルがあります。

すべての機械装置と同様に、パワーダウンサイクルの回数が増えると、実際に常時稼働し続けるよりも摩耗が多くなります。

7
panzerschreck

この質問はよく出てきます。私の考えは「それは問題ではない」です。やむを得ない場合はシャットダウンしてください。必要に応じてオンのままにします。個人的にはサスペンドを多用しています。

5
hotei

場合によります。一般に、その必要はありません。コンポーネントの寿命に達する前にシステムを交換する可能性があります。

ただし、重要になる可能性のあるモード間にはいくつかの違いがあります。 RAM新鮮な状態を維持する小さな電圧での電源投入と頻繁な一時停止(電源投入一時停止)は、どちらもPSUと壁から電力を引き出します。雷雨では、休止状態(電源オフRAMディスクに保存)または電源オフでサスペンドすると、衝撃からの保護が強化されます(システムを取り外すことができます)。

さらに、電源装置は、ファン以外にも、システムのどの部分よりも寿命が最も短い傾向があります。システムをサスペンドしたときに通常残る2つの部分は何でしょうか?

さて、あなたの電源管理設定は質問を大きく変えます。非常に低電力のモードに設定している場合は、問題は少なくなります。より高い電力モード、または画面やドライブをオンにしたままにすることをお勧めします。シャットダウンすることをお勧めします。

必要ですか?いいえ、時々それは良い考えですか?うん。

3
ssube

この質問に答える方法は約100通りあり、今のところ誰もが同じことを言っています。それはもはや問題ではありません-この古い妻の話を信じている人はたくさんいます(1日の終わりにシャットダウンする必要があります)。なんでも。メンテナンスと更新を除いて、シャットダウンせずに6年半前にインストールした日から継続して稼働しているサーバーを備えたクライアントがあります。私は電気を節約するためだけに自宅でPCをシャットダウンしました。なぜなら、私は安物であり、私は地球を救っています。今日のテクノロジーの進歩により、シャットダウン/電源オフ/スリープ/その他の必要はありません。今は好みの問題です。

2
SlickRic

これは、あなたの質問に対する少し異なる見方です。「適切にシャットダウンする必要があるか、それとも単に電源を切ることができるか」について詳しく調べています。質問:

現在、参照は見つかりませんが、IT部門が内部調査を行った大企業に関する2003年の記事を読んだことを覚えています。彼らは2つの非常に類似した部門を取り、そのうちの1つに常に慎重にPCをシャットダウンするように教えましたセキュリティ上の理由から、その日の残りの時間。これは厳密に実施されました。他の部署は、IT部門がメンテナンスのためにリモートで接続できるようにしたいと考えていたので、それらを実行したままにしておくように指示されました。繰り返しになりますが、これは厳密に実施されたため、毎晩機械の電源を切断していました。これは1年間続き、各部門のサポートコストが追跡されました。

調査の結果、コンピューターを正しくシャットダウンした部門、シャットダウンせずに電源をオフにした部門、またはいずれかの部門で、2つの部門のサポートコストに前年度と比較して測定可能な差はありませんでした。

しかし、それは本当にどういう意味ですか?私は方法論に少なくとも1つの問題があることを知っています—制御のために満足するように実行することを許可された追跡された第3部門と、おそらくマシンが可能な限り実行され続けた別の部門があったはずです。

your machine;で問題が発生しないという結論に至らないように注意する必要もあります。シャットダウンせずにコンピューターの電源を切っただけで調査の一部のマシンが壊れた可能性は非常に高いですが、これはサポートコストを統計的に測定していません(たとえば、PCの交換サイクルの終わり近くに発生する可能性が高いです)。これにより、認識されるコストが削減されます)、または適切にシャットダウンするときに発生する摩耗などによって、多くのPCで相殺されます。また、2001年から2002年以前のPC(調査が実施された場合)は、現在作成されているものとは異なります。


尋ねられた質問について:私は通常、自分の仕事用デスクトップをオンのままにしておきます。前の夜にやめた朝の朝に迎えに行くのが好きです。自宅のデスクトップでも同様のことをしています。けれども私のラップトップは、ずっと頻繁にシャットダウンすることを忘れないようにしています。さらに、金曜日の週末にオフィスを離れるときは、必ずシャットダウンします。

私が作業しているサーバーを管理しているサーバー(約13、翌年にVM経由で6つに統合し、翌年に3または4にする予定)の場合、メンテナンスサイクルが毎月スケジュールされており、必要に応じてサーバーを再起動できます。ほとんどの場合、すべてのサーバーが再起動されますが、ときどき中断しないことにします。私のメンテナンスサイクルは、毎週火曜日のマイクロソフトのパッチに続く週末の最初の週末に行われます。

2
Joel Coehoorn

マシンが暗号化されている場合、メモリからキーを抽出できるハック/ツールがあります(一時停止している場合は、マシンが起動すると、それらはRAM)に戻されます)。

これらを使用して、ドライブのコピーを復号化できます。正しく完了しました。これはすべてオフラインで行われるため、気付かない場合もあります(たとえば、清掃員がいる間に夜通しマシンを放置した場合など)。

暗号化されたマシンをシャットダウンすることは、そのような攻撃を防ぐ確実な方法です。

2
AdamV

(シャットダウンの代わりに)長時間コンピューターから離れる場合は、休止状態を使用します。スリープモードを少しの間そのままにする場合は、スリープモードを使用します(単に実行させるのではなく、電力を節約するため)。

2
Brian Knoblauch

この質問に対する多くの答えがありますが、それらは一般に要点を逃しています-そして多くは直感または非常に限られた経験に基づいています。したがって、この質問の複製としてクローズされた質問に対して私が出した答えをここで繰り返します。ご覧のように、私の答えは、「直感」やいくつかのコンピューターでのシリアルの経験に基づいていません。

考慮すべき2つの主な問題があります。

  1. ハードウェアの摩耗
  2. オペレーティングシステムスタミナ

電気コスト(PCの稼働に直接関与するコストと、発生する熱を補うための空調などの付随コストの両方)は別としてください。今日のコンピュータはかなりエネルギー効率がよく、1台のコンピュータでは、電気代への影響はほとんどありません。

ハードウェアの摩耗

コンピュータシステムに発生する最大のストレスは、電源のオン/オフのサイクルです。以前は、2500台のコンピューターを担当するIT部門を管理していました。計画的であれ計画外であれ、停電があったときはいつでも、いくつかのハードドライブとその他のコンポーネント(電源やマザーボードなど)を失いました。全体のパーセンテージに関してはかなり低い(<1%)が、障害が発生した重要なポイントは、マシンの電源をオフにしてからオンにすることでした。私たちの方針は、すべてのマシンを常に稼働させておくことでした。家でも自分のマシンでやっていることです。

オペレーティングシステムのスタミナ

すべてのOSには、メモリリークやメモリに蓄積され、時間の経過とともにその効果とパフォーマンスに影響を与えるその他の「問題」に関する問題があります。実行する処理が多いほど、コンピューターを再起動しないことによるパフォーマンスへの影響が高まる可能性があります。人それぞれの走行距離はさまざまですが、蓄積された「乱雑さ」を一掃するために、少なくとも週に1回は再起動することをお勧めします。頻繁に再起動する人もいれば、再起動するまでに1か月以上かかる人もいます。

「再起動」はコンピュータの電源を切ったり入れたりすることを意味しないことに注意してください-そのためには、上記を参照してください。再起動はソフトウェアのみの操作です(たとえば、Windowsでは「再起動」と呼ばれます)

結論-決してオフにしないでください-必要に応じて再起動してください。

1
yosh m

これは非常に古い質問です...何度も何度も議論されました。本当の答えは、常に「あなたが何を計画しているかに依存する」という傾向があります... PCをオンにしておく必要がない場合は、省電力モードの1つを使用してください:スリープ、休止、サスペンド、またはシャットダウン。リモートアクセスやLANでのスリープ解除などを計画している場合は、環境に配慮したアプローチが必要です...変更されたスリープまたはオンのままにする(必要に応じて設定されたディスプレイ、ドライブなどをオフにするための設定)。

最近のほとんどのオペレーティングシステムには、RAMやスワップファイルなどをクリーニングする機能がありますが、David Zaslavskyの応答は確実です。定期的に完全にシャットダウンすると、パフォーマンスが確実に向上します。最高のソフトウェアでも、メモリリークやポインタの喪失などが発生する可能性があります。また、多くのグラフィックカードはコアメモリを共有しています...そして、それらはメモリカーネルをクリーンで整頓することに長けていません。

最近は非常に堅牢ですが、ハードドライブの最も難しい機能は起動とシャットダウンです...スリープとハイバネートの設定に注意してください...注意しないと、ハードドライブを繰り返しウェイクアップする可能性があります。

個人的に、私は自分のコンピュータをシャットダウンしました...ずっと。私が家にいないときでもジュースを流し続ける必要はありません。そして、Windows 7を使用すると、PCはすぐに起動します。

私はあなたの質問が決定的に答えられることは決してないだろうと感じています... PCの世界の鶏肉か卵かわいらしさ!

1
user47298

正直違いないと思いますので、スリープモードにしました。電源がちらついても目覚めます。座ってスペースバーを叩き、何かを見上げて、スリープモードに戻すことができるので、私にとっては素晴らしいことです。今では、ハードドライブや電力サージ時に最も安全なオプションではないかもしれませんが、これは私がやっていることです。

1
Chuckles

シャットダウンしたくありませんが、ubuntuを使用しています。適切にシャットダウンしないと、NTFSの上にインストールされたため、めちゃくちゃになります。

1
Vamsi Krishna B

私はMacBookをもう3歳にしています。私はおそらくすべて「間違った」ことをしますが、それでも私は失敗していません。私の経験を自分の習慣と共有したかったのです。めったにシャットダウンしない。雷雨の間は常にシャットダウンするか、少なくとも(作業している場合は)プラグを抜きます。スリープモードを使用しています。私のラップトップはほとんどの時間接続されています。この3年間、私はまだシステムの速度低下、バッテリー容量の低下、またはその他の問題を経験していません。私がしていることをしているときに一部の人々が悪影響を経験することを知っていますが、それは私のために働いています。私はまた、必要に応じて、毎晩スマートフォンを電源に接続して充電する「そうした人々の1人」でもあります。それでも、そこに悪影響はありません。

1
j3nnyb3an

それは本当に好み次第です。事実は簡単です。コンピューターを実行したままにすると、ハードウェアの使用時間が長くなり、ハードウェアの寿命が短くなります。コンピュータを稼働させたままにすると、熱が発生し、電気が使用されます。コンピュータを稼働させたままにしても問題ない場合はありますか?もちろん!多くの人は、コンピュータから離れている時間を利用して、A/Vスキャンやメディアトランスコードなどのリソース集約型のタスクをスケジュールします。個人的には、必要に応じて習慣を変えています。ほとんどの場合、私のマシンは24時間年中無休で稼働しており、セキュリティ更新の必要に応じて再起動します。夏の最も暑い部分(私はAZに住んでいます)で、必要なワークロードがない限り、仕事に行くときはオフにします。ソフトウェアに関しては、システムを数週間から数か月間、特に問題なく稼働させておくことができます。最後に、それはあなたが望むものに帰着します:)

1
Madman

誰もあなたにこれに対する答えを本当に与えることはできません(それは未来を予測するようなものでしょうか?)。

私がこれを書いているマシンはラップトップです-それが最後にリセット/シャットダウンされたのは16.7.2010でした。 (1か月弱-再起動が必要なものをインストールしたと思います)。それ以外の場合は、その時々の再起動から、約2年間、木製のテーブル(大きな木製のテーブル:)で実行され、特別な冷却などは何も行われていません。月に数回、スタンバイまたは休止状態(より頻繁にはスタンバイ)にしましたが、それが月に数日(5?)を超えることはありません。

それ以外の場合は通常、その状態を維持し、その処理を行います。

多分いつかそれが死ぬだろう、誰にもわからない。これまでのところ、問題なく機能しています。

一般に、私はこのアプローチを80年代後半から使用してきました。コンポーネントが一般的に死ぬことはほとんどありません。

1
Rook

私は2001年から稼働しているコンピューターを持っています。それは私のダッジネオンを制御します。

1
BigJohnL

職場では、コンピューターを月曜日から金曜日に置き、時には土曜日に置きます。私たちのサーバーは夜間に更新をプッシュするため、実行する必要があります。

自宅のPC、約1か月間電源を入れたままにしておくと、ソフトウェアの更新のためにMSが再起動を要求します。セキュリティ上の理由ですぐに更新する必要がない限り、月に1回に制限します。

WebサイトをホストしているLinuxサーバーに関しては、300日間1回行ったが、それでも十分に機能した。

すべての場合において、大量のメモリがあると、メモリを長く保つことができます。 CCleanerは、マシンがまだ実行されている間にいくつかのものをクリアするのに役立ちます。手動でプロセスを閉じることもできます。

メモリの使用状況を見ると、アプリを開いたり閉じたりしたときに、すべてのメモリが戻ってくるわけではないことに気づくでしょう。いくつかはクリアされます。一部はキャッシュとして残されます。そして、一部は再起動するまでプログラムがまだ残っているようです。これを解決するのに役立つサードパーティのツールがあります。

0
Markaway