it-swarm-ja.tech

保存せずに閉じたExcelドキュメントを復元する

最新バージョンを保存せずにMicrosoft Excelドキュメントを誤って閉じてしまった場合、行った作業の一部を確実に回復できますか?

Excel 2003を使用しています。

16
Andrew Grimm

以下のファイルを探します。

C:\ Documents and Settings\username\Application Data\Microsoft\Excel \

私の場合、私はここに誤ったファイルを見つけました:

C:\ Documents and Settings\username\Application Data\Microsoft\Excel \〜ar3451.xar

オフィスLAN上のExcel 2003ファイルの場合、コンピューターはブルースクリーンになり、ドキュメントに対するすべての変更が失われました。上記の文字列に示されているファイルを見つけて右クリックし、[Excelで開く]を右クリックして、すべての変更を含むファイルがありました。

すぐに新しいファイル名で保存し、作業に戻ります。

12
Tim

Windows 7上のExcel 2007(およびおそらく2003)に適用されます。

Excel 2010より前の自動保存機能では、「C:\ Users\sername\AppData\Roaming\Microsoft\Excel」に非表示の.xarファイルが作成されます。ファイル名は生成され、ワー​​クブック名​​とは関係ありません。 Excelを閉じ、[いいえ]を選択して変更を保存すると、関連する一時.xarファイルが完全に削除されます...ただし...

タスクスケジューラとPowershellを使用して、定期的にこのディレクトリのファイルをバックアップディレクトリに保存する方法を考え出しました-自動保存ファイルを効果的にバックアップします。理由は、(バックアップをねじ込まないように、バックアップしたファイルを一時的な場所にコピーして)拡張子を.xlsxに変更し、Excelで開くことです。 -.xlsxファイルでない場合は、Excelがプローブします。エラーが発生した場合は、他の拡張子(.xls/.xlsm ...など)を試してください。

これは私がしたことをする方法です...

  1. タスクスケジューラを開きます(Windowsキーをタップして[タスクスケジューラ]と入力し、結果が[スタート]メニューの上部にあるときにEnterキーを押すかクリックします)。
  2. [アクション]-> [基本タスクの作成]をクリックします
  3. 名前を付けて[次へ]をクリックします
  4. トリガーとして「ログオン時」を選択します
  5. 「プログラムの開始」を選択し、「次へ」をクリックします
  6. プログラム名に「Powershell」と入力し、
  7. [引数を追加(オプション)]ボックスに「%{Copy-Item -path C:\ Users\sername\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\-recurse -force -destination D」と入力します:\ Backup\ExcelAutosave} "(ユーザー名をユーザー名に変更し、必要に応じて宛先ディレクトリも変更します)、[次へ]をクリックします
  8. 次に、[完了をクリックしてこのタスクのプロパティダイアログを開く]チェックボックスをオンにして、完了をクリックします。
  9. [トリガー]タブで、[ログオン時]トリガーをダブルクリックし、[タスクを毎回繰り返す:]チェックボックスをオンにします->間隔(1時間)と期間(12時間)を選択します。 [有効]が選択されている場合は、[OK]をクリックし、プロパティボックスで[OK]をクリックします。

次の引数などを使用してプログラムを実行することを確認するように求められることを思い出します...

幸運を!

8
PhilMan

私も同じような状況でしたが、誰かがリモートデスクトップを介して会社のサーバーで作業していました。誰かが役立つ次のファイルツリーを勧めました:

C:\Users\*user name*\AppData\Local\Microsoft ⇢
    \Office\UnsavedFiles\Book1((Unsaved-301910293917302138)).xlsb

私は実際には、Excel以外の奇妙なファイル拡張子を持つ同様のファイルツリーを介してサーバー上のファイルを見つけましたが、ダブルクリックして開くことができませんでしたが、既に起動したExcelソフトウェアから問題なく開くことができ、最終的に保存することができました。スプレッドシートとして。

C:\Documents and Settings\*user name*\Application Data\Microsoft\Excel\XLSTART

Windows 7およびOffice 2010では、次の場所にあります。

C:\Users\*user name*\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFiles\Book1((Unsaved-301910293917302138)).xlsb

または:C:\Users\*user name*\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\abc(unsaved123).xls

または:C:\Users\\*user name*\AppData\Local\Temp\

4
Neeraj

自動回復は、Excelがクラッシュした場合にのみ機能します(PCの電源が失われた場合や、ウィンドウがクラッシュした場合など)。

[いいえ]を選択してExcelを保存して閉じると、ドキュメントが失われます。

2
Azam Ali

私はExcel 2007ファイルで作業し、多くのウィンドウで混乱した後、それを保存しないことを選びました! (Googleデスクトップを使用して)ファイルの正確な名前を検索すると、ファイルのいくつかのキャッシュバージョンが表示されます。最後のファイルの時刻を確認し、キャッシュされたファイルを使用して作業をコピーして貼り付けます。フォーマットは同じではありませんが、あなたの仕事があります。私はこれをやっただけでうまくいきました!

2
Sipho

MS Officeには自動保存機能があります。これは、何も失わないようにするために定期的に行われます。問題は、それが実際に有効にされたかどうかです。もしそうなら、あなたは下記のディレクトリで一時ファイルを見つけることができるかもしれません。

Excelでは、自動保存機能がデフォルトで有効になっていないため、追加する必要があります。これは、この機能を有効にすることが必ずしも実用的ではないためです。有効にしていてスプレッドシートを試す場合は、コピーを作成してから開き、自動保存によって元のファイルが上書きされないようにする必要があります。

自動保存機能を有効にするには、アドインを使用する必要があります。 「ツール」「アドイン」に行き、「自動保存」を選択します。 Office XPでは、自動保存はWordと同様にアドインからオプションに移動されました。 [保存]の下に設定があり、その特定のワークブックの自動回復機能を無効にすることもできます。

Excelは10分ごとに「C:\ Documents and Settings \\ Local Settings\Temp」のデフォルトの場所に自動的に保存します。ファイルは番号.tmpとして保存されるため、識別可能です。 「28.tmp」。つまり、Wordや他のアプリケーションによって保存されている一時ファイルとは異なって見えます。

少し運が良ければ、この提案はうまくいきます。 Excelファイルが正常に閉じられたので、おそらくファイルの名前を手動で変更する必要があります。

1
Axxmasterr

その時点で(そして、おそらく今では手遅れですが、将来の参考のために)、閉じるかクラッシュするかに関係なく、Excelを直接開きます。 「最近のドキュメント」リストから、またはマイドキュメントからファイルを開かないでください。 Officeは、作業内容を保存するための一時ファイルを作成するので、プログラムを(単独で)開くと、左側に回復バーが表示されます。そうでない場合は、いくつかのファイル回復ソフトウェアを使用できます。 PC Inspector File Recoveryをたくさん使っています。

1
Dustin

Office 2010の場合

に行く

ファイル→情報→バージョン管理ボタン

次に日付を選択します。

Excel 2010では、フォルダーに保存され、失われたファイルを復元することができました。これはなんと命の恩人でしょう!

C:\ Users\User name\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\Book1302741752573156243\File name((Unsaved-302741123615948362 Excel generated number))。xlsb

0
John H

Officeファイルの回復に問題がある場合は、 OfficeRecovery アプリケーションを使用します。私の友人がこのアプリケーションで彼の毎月のAccess作業を復元するのを手伝ったら、

0