it-swarm-ja.tech

Mac OS Xスクリーンセーバーをロックできるキーストロークはありますか?

Windowsではヒットできます WindowsL デスクトップをロックします。 Leopardでは、この機能はないようです。スクリーンセーバーをすぐに表示するように設定することはできますが、キーコンボを押してコンピューターをロックしたいと思います。

31
Brian Lyttle

後世のための最新のアップデート、これを行うために追加のソフトウェアは必要ありません。それはいくつかの方法で組み込まれています。

デフォルトのショートカット

このアクションを実行するための一般的な「終了」ショートカットの修飾子として、デフォルトのグローバルショートカットがあり、Appleメニュー項目ロック画面:⌃⌘Q(ControlCommandq

Default Lock Screen menu shortcut.

このキーボードショートカットの組み合わせを押すか、Appleメニューからこのエントリを選択すると、即座にディスプレイがロックされます。

ショートカットのカスタマイズ

メニューベースのアクションは、ユーザーがキーボードシステム環境設定、ショートカットタブで再マッピングできます。 App Shortcutsセクションを使用し、+ボタンをクリックして、新しいキーボードショートカットを定義し、Lock Screenの-​​Menu Titleを使用します。このようにして、任意のアプリケーションでメニューにアクセスできるアクションのショートカットを追加または変更できます。例:私は⌘K(Commandk)iTunesでポッドキャストに登録…メニュー項目にマップされ、Finderのサーバーに接続…ショートカットと一致します。

アイドルロック

スクリーンセーバーがアクティブになったときに非アクティブな期間が経過した後にディスプレイを自動的にロックするには、セキュリティとプライバシーシステム環境設定で設定します。 しないこれをImmediateに設定すると、偶発的なスクリーンセーバーのアクティブ化に対応できるので便利です。特に密度の高い教科書の正誤表をオンラインで読んだり、誤って「ホットコーナー」をアクティブにしたりした場合。

これをアクションとして直接使用できるようにするには、⌃⇧⏏(ControlShiftEject)ショートカット、または「ホットコーナー」を設定して、デスクトップとスクリーンセーバーシステム環境設定でスクリーンセーバーをすぐにトリガーします。これにより、ショートカットとしてマウスを画面の隅に「投げる」ことができます。 (これは古典的な機能に賛成で、元の1984 Macintoshの元のスクリーンセーバーの1つにまでさかのぼります:暗くなった後、その前に、アナログ時計のスクリーンセーバーと白黒の花火のデモ。右上でアクティブにし、右下防ぐために。)

Auto-lock when idle.

タッチバー

タッチバーを搭載したMacBookProノートブックコンピュータは、「タッチのカスタマイズ」を使用して、右側の「コントロールストリップ」に「ロック画面」ボタンを提供するように構成できます(面白いことに、この名前はClassic Mac OS 8または9にまでさかのぼります…)。バー… "アクションの下キーボードシステム環境設定。

画面ロックアクションをタッチバーのコントロールストリップ部分にドラッグします。

Touch Bar configuration to lock screen.

古い方法:キーチェーンアクセス

キーチェーンアクセスは、メニューバーの時計の横にロックアイコンを表示するオプションを提供するために使用されていました。これにより、ディスプレイをロックしたり、キーチェーンを明示的にロックしたりすることができます(メモリ内に保存されているアカウントのパスワードを忘れる)。 Appleはこの機能を削除したようです。

古い方法:高速ユーザー切り替え

これは、まったく異なる方向から取り組む、画面を「ロック」するのと本質的に同じ効果をトリガーする創造的な方法です。 「ユーザーの簡易切り替え」を有効にすると、実際に完全にログアウトすることなく、ログイン画面にアクセスできます。このオプションは、ユーザーとグループ [システム設定]パネルログインオプションから有効にできます。チェックボックスをオンにします。

Enabling and using Fast User Switching.

キーボードショートカットでこれにアクセスできるようにするには、追加の作業が必要になります。これを実行するための段階的な手順については(Automatorとコマンドライン呼び出しを使用して)、 この他のスーパーユーザーの回答を参照 を実行してください。

サードパーティのソフトウェア

ユースケースAppleはまだカバーされていませんが、物理的な近接性に基づく自動ロックです。ロック解除ダウンパットがありますあなたのAppleウォッチでMacのロックを解除するオプションを許可します。これは優れたです。ただし、これらのデバイスの1つを持っている場合は、その逆がどうしても必要です!(一部の企業では、ワークステーションのロックを解除したままにしておくことは重大な違反です!)

幸いなことに、利用可能な解決策はありますが、実装と使用の効果的な難易度は非常にさまざまです。私は真のUNIXオタクであり、何よりもまずパワーと柔軟性を高く評価しているので、 Proximity とApple Script/Automatorを組み合わせたもののようなソリューションのファンです。 Keycard (App Storeリンク)などのソリューションもありますが、その特定の選択により、実際のシステムパスワードや標準のパスワード入力画面の代わりに、フォールバックメカニズムとして「PINロック解除」という追加のセキュリティが導入されます。A 両方のアプローチの役立つガイド が利用可能です。

私がこれまでに見つけた最も消費者に優しい、しかし無料ではないオプションは nlox です。さらに、デバイス自体のコンパニオンアプリを使用して、Bluetooth Low-Energy(BTLE)をサポートします。 (このより電力効率の高い手法を利用するための要件。)

2
GothAlice

OS Xで画面をすばやくロックするためのさまざまな方法を作成できます。ここに包括的な記事があります: http://www.macworld.com/article/49080/2006/01/lockscreen.html

簡単な方法の1つは次のとおりです。

キーチェーンアクセスを開く->設定->メニューバーにステータスを表示をチェック

ステータスバーの小さなロックアイコンをクリックすると、最初のエントリはロック画面です。 [システム環境設定]-> [キーボードショートカット]で、ホットキーをこれにバインドできるはずです。

28
Darren Newton

Control-shift-ejectは画面を空白にします。あなたが.. mmm ..今年の後半になるまで待つと...画面をロックすることもあるかもしれません...

15
masto

Snow Leopardは、以下を使用してキーボードから高速ユーザー切り替えロック画面コマンドを実行する方法を提供します。

  • Automatorは、以下を呼び出すサービスを作成します。

/ System/Library/CoreServices/Menu\Extras/User.menu/Contents/Resources/CGSession -suspend

  • このサービスを実行するシステム全体のキーボードコマンドを作成します。使っています Control-Option-Command-L

これはすべて this Art OfGeekの記事に記載されています。

10
hanleyp

最も簡単な方法は、一度設定すると、マウスを画面の隅に移動できます。スクリーンセーバーはすぐにアクティブになり、スクリーンセーバーを閉じるにはパスワードが必要です。

  1. 「ホットコーナー」を設定して、スクリーンセーバーをアクティブにします。これは、[システム環境設定]、[デスクトップとスクリーンセーバー]ペインにあります。 「スクリーンセーバー」タブに「ホットコーナー...」のボタンがあります。

  2. [セキュリティ]設定ペインに移動します。 [このコンピューターをスリープまたはスクリーンセーバーから復帰させるにはパスワードが必要です]のチェックボックスをオンにします。チェックされます。

8
Mark Thalman

ここに簡単な実装があります:

  1. KeyChainアクセスアプリケーションを開く
  2. キーチェーンアクセスから設定を開きます->設定
  3. 「メニューバーにキーチェーンのステータスを表示する」を選択します

この時点であなたがしなければならないのは小さなキーロックアイコンをクリックして「ロック画面」を選択することだけですが、これはもっと楽しくするための特別なものです:

  1. Automatorを開く
  2. 新しい「ワークフロー」を作成する
  3. 「記録」ボタンをクリックします
  4. 次に、キーロックを選択してから「画面のロック」オプションを選択して記録します
  5. この時点でスクリーンセーバーが起動するので、Escキーを押して再度ログインします。
  6. 録音を停止します
  7. 記録されたステップで、「ロック画面」の後に記録されたステップをすべて削除します。

(「再生」ボタンを押してテストしても問題ありません)

  1. 次に、ワークフローを保存します。
  2. 新しいAutomatorファイルを作成します(Cmd + Nを押します)
  3. 今回は新しい「サービス」を選択してください
  4. 左側の検索で「ワークフローの実行」を探し、右側にドラッグアンドドロップします
  5. [ワークフロー]ドロップダウンで[その他...]を選択し、上に保存したワークフローを見つけます。
  6. このサービスの上部で、「サービスの受信」に「入力なし」を選択していることを確認してください

(もう少しテストしてください)

本当の「魔法」がやって来る

  1. サービスを保存します(「Lock My Screen Service」のような人間が読める名前を付けます)。
  2. 「アップルメニュー」に移動し、「システム環境設定」を開きます
  3. 「キーボード」を選択します
  4. このセクションで「キーボードショートカット」を選択します
  5. 左側の「サービス」を選択します
  6. 右側の[全般]の下までスクロールすると、[画面サービスをロック]が表示されます。
  7. 右側に「なし」という灰色のテキストがあります。これは、ショートカットが割り当てられていないことを意味します。それをクリックすると、「ショートカットの追加」ボタンが表示されます。クリックして。
  8. 次に、目的の組み合わせを押します(つまり、Ctrl + Alt + Cmd + L)
  9. 完了。ボタンを押して閉じてテストします。

これを注意深くテストして実行した場合、上記のショートカットを押すと、Automatorで作成したサービスが読み込まれ、ワークフローが実行されて、マウスがキーチェーンメニューに移動し、画面がロックされます。

5
alejandrormz

セキュリティ設定を編集して、スクリーンセーバーからウェイクアップするためにパスワードを要求し、この行をAppleスクリプト:

tell application id "com.Apple.ScreenSaver.Engine" to launch

クイックシルバーを使用している場合は、トリガーを設定して、好きなキーストロークを使用してapplescriptを起動できます。または、アプリケーション固有のスクリプト〜/ library/application support/"application name"/scriptsとして追加し、組み込みのMACキーボードショートカットを使用して、そのアプリケーションメニュー項目からスクリプトを起動することもできます。

4
Bryan Schuetz

スクリーンセーバーのパスワードを設定し、を押します Shiftcontroleject

4
Sky

以下は、AlejandrormzのAutomatorステップの微調整です。これはOSX Mavericksにあります:

  • Automatorを見つけて開く
  • 新しいサービスを作成する
  • 2番目の列から「スタートスクリーンセーバー」をドラッグアンドドロップします。
  • 上部のドロップダウンで「Services receive no input」を選択します
  • 例として保存「StartScreenSaver」
  • システム環境設定を見つけて開きます
  • キーボード/ショートカットを開く
  • 左側の[サービス]をクリックします
  • ボタンまでスクロールして、「StartScreenSaver」を選択します
  • クリックしてショートカットを割り当てます。例: 「CTRL + OPTION + CMD + L」

オプション:

  • システム環境設定を見つけて開きます
  • 「セキュリティとプライバシー」/一般を開く
  • 「パスワードが必要すぐにスリープまたはスクリーンセーバーの開始後」を設定します
1
flurdy

迅速なユーザー切り替え

オプション1:[ユーザーとグループ]設定ペインでユーザーの簡易切り替えメニューを有効にし、メニューからログインウィンドウ…を選択します。

オプション2:/System/Library/CoreServices/Menu\ Extras/User.menu/Contents/Resources/CGSession -suspend

オプション3:多くのランチャーとマクロユーティリティには、高速ユーザー切り替え画面にログアウトするためのコマンドも含まれています。

画面をロックする

オプション1:キーチェーンアクセスの環境設定で追加のキーチェーンメニューを有効にし、メニューからLock Screenを選択します。

オプション2:チェックスリープまたはスクリーンセーバーの開始直後にパスワードを要求する [セキュリティとプライバシー]設定ペインで。次に、を押してコンピュータを手動でロックできます ⌃⇧⏏ ディスプレイをオフにする、または ⌥⌘⏏ 眠りにつく。

1
Lri