it-swarm-ja.tech

複数のユーザー間でiPhotoライブラリを共有する方法

同じMacの2人のユーザー間でiPhotoライブラリを共有するための最良の方法に関するアドバイスを探しています。

私は現在 this アプローチを使用しており、ほとんどの場合正常に機能します。私が抱えている問題の1つは、iPodを同期するときに許可エラーが発生することです。これは、他のユーザーがiPhotoを使用していて、iPodを同期する前にiPhotoを開いていない場合に発生するようです。 iPhotoを開いてからiPodを再度同期しても、エラーは発生しません。

他の人はこの問題をどのように解決しますか?

9
Mark

Appleは、次のようにすることをお勧めします。

http://support.Apple.com/kb/HT1198

回答が長すぎてここにコピーして貼り付けることができないため、彼らのサイトで確認することをお勧めします。

7
dyve

Appleの方法では、マウントされたドライブイメージ全体で共有する必要があります。別の方法があります。ここでの重要な問題は、ユーザー間で共有する場合、iPhotoによって作成されたデフォルトのファイル権限では、同じコンピュータ上の複数のユーザーがライブラリを共有できないことです。

Launchdメカニズムを使用して、iPhotoライブラリが保存されている場所を監視し、ファイルのアクセス許可に適切な変更を加えるユーザーエージェントを作成できます。以下をせよ:

  • 適切な共有ディレクトリを決定します。 /Users/Shared/Pictures/iPhotoLibを使用します。
  • IPhotoライブラリをそこに保存します。
  • local.user.makePhotosReadable.plist/Library/LaunchAgents/というテキストファイルを作成します。
  • ファイルに次のデータを入力します。これらのキーの一部は廃止されている可能性があります。 man launchd.plistを使用して、システムの最新のドキュメントを確認し、これらのコマンドの意味を確認できます。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.Apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
  <key>Disabled</key>
  <false/>
  <key>Label</key>
  <string>local.user.makePhotosReadable</string>
  <key>ProgramArguments</key>
  <array>
      <string>/Library/Scripts/local.user/makePhotosReadable.sh</string>
  </array>
  <key>WatchPaths</key>
  <array>
      <string>/Users/Shared/Pictures/iPhotoLib</string>
  </array>
  <key>RunAtLoad</key>
  <true/>
  <key>onDemand</key>
  <true/>
</dict>
</plist>
  • ディレクトリmakePhotosReadable.sh/Library/Scripts/local.user/というファイルを作成します。
  • 次の内容で記入してください。
#!/bin/bash

chmod -R ug+rw /Users/Shared/Pictures/iPhotoLib
exit 0

作成されるすべてのファイルはrootによって作成され、makePhotosReadable.shファイルはrootおよびグループによって実行可能である必要があります。

これらの手順は初心者向けではありません。これらは、ターミナルとコマンドラインの相互作用に精通しているユーザー向けです。私はそれらをできるだけ明確にするように努めましたが、あなたのマイレージは異なる場合があります。

0
Avery Chan