it-swarm-ja.tech

RHEL6-起動時に段階的進行状況バーを無効にする

階層化/スタックされた進行状況バーの代わりに、RHEL6で起動情報の「従来の」表示をどのように表示しますか?

シャットダウン中に標準の情報ダンプが表示されます。

14
warren
plymouth-set-default-theme text
/usr/libexec/plymouth/plymouth-update-initrd

または、「rhgb quiet」をGrub構成から削除します(/boot/grub/menu.lst)。

9
Hyppy

ほとんどのサーバーのセットアップ方法であるテキストモードで起動する場合は、次の手順を実行する必要があります。テキストモードでは、プリマスはカラフルなテキストバーを描画しますが、完全に取り除くことは困難です。これはchkconfigにはなく、「rhgb」と「quiet」を無効にしてもこの機能は無効になりません。 CentOS 6.xで正しく実行する方法は次のとおりです。手順1と2は、グラフィカルコンソールでプロビジョニングされるべきではないサーバーまたは仮想マシンで問題を引き起こす可能性がある機能も無効にします。

1)/boot/grub/grub.confの「カーネル」行からrhgbquietを削除します。

2)splashimageおよびhiddenmenu行を削除またはコメント化します。

3)plymouth-set-default-theme details --rebuild-initrdと入力します。

4)再起動して、機能するかどうかを確認します。

明るい面では、起動時のメッセージはすべて/var/spool/plymouth/boot.log/var/log/boot.logに保存されます。

もう少し考えてみると、通常はサーバーの画面の前にはいないので、プリマスシステムはひどいものではないことに気付きました。ただし、サーバーの画面の前にいるときに起動時の問題をデバッグしている場合、プリマスは厄介な問題であり、簡単に削除できるはずです。

11
Kriston

ファンシーなローディング画面を表示するプログラムはプリマスと呼ばれます。
checkconfig --listで検索できるかどうかを確認し、必要に応じてサービスを無効にします。

それが原因ではない場合、それはおそらくGrubの「静かな」オプションです。 /boot/grub/menu.lstファイルのブートオプションからWordクワイエットを削除して無効にします。

4

このメソッドを見つけただけで、最もクリーンな方法のようです:

grubby --update-kernel=ALL --remove-args="rhgb quiet"

3
user426209

実際、「RedHatGraphicalBoot」を表すと思われるrhgbを削除すると、CentOS6でこの問題が解決しました。

この行をポストインストールks.confスクリプトに追加するだけです。

#Save original, just in case
rsync /boot/grub/grub.conf /boot/grub/grub.conf.orig
#edit and output to /tmp/grub.conf
cat /boot/grub/grub.conf |sed -e s/rhgb// > /tmp/grub.conf 
#replace & remove temp
cat /tmp/grub.conf > /boot/grub/grub.conf ; rm -f /tmp/grub.conf
1
vadim

または1行で(メンテナンスが少なく、少なくとも理解しやすい):

sed -i .orig s/rhgb///g /boot/grub/grub.conf

最初にバックアップを作成し、ファイルをインラインで編集します。

1
Steve Parker