it-swarm-ja.tech

Linuxマシン用のまともな定額オンラインバックアップソリューションはありますか?

LinuxボックスをバックアップするためのMozy(またはBackblaze)のようなソリューションを見つけた人はいますか?理想的には、バックアッププランの定額料金で何かを望んでいます。

6
jkp

クラッシュプラン :1年間のプランは月額$ 4.50、無制限です。 3年間のプランは月額3.50ドルです。

ローカルバックアップ、または友人へのバックアップは無料です。

2
menko

私は使用してきました Tarsnap これはfreebsdセキュリティチーフの責任者による小さなベンチャーです。 コリンパーシバル 。彼の分野で非常に尊敬されている男。バックグラウンドでAmazonS3を使用し、セット全体ではなくファイルへの変更の転送と保存を活用します。すべてが自分のキーに暗号化され(したがって、他の人と一緒にストレージを利用することはありません)、使用した分だけ支払います。このサイトはまだ「ベータ版」ですが、製品は説明どおりに機能し、かなりの数のテストが行​​われています。しっかりしたもの。

Tarsnapは、オンラインで暗号化されたスナップショットバックアップサービスであり、現在、公的な有料ベータテストを受けています。

少なくとも、tarsnapに関する彼のブログ投稿のいくつかを読んでください。そこでは非常に啓発的な発見があります。

7
reconbot

CloudFilesオプションを指定してJungleDiskを使用しています(JDにはLinuxバージョンがあります)。彼らは15セント/月のストレージを請求し、交通費はかかりません。

5
Keng

Dropbox Linux、Mac OS X、Windowsで非常にうまく機能します。それは私にとってMozyよりもはるかにうまく機能します。最大2 GiB無料です。年間99ドルで、50 GiBのストレージを利用できます。

5
rkj

私たちはUbuntuでJungleDiskを使用して、400万を超えるファイルをバックアップ(および同期を維持)しています。 rdiff-backupを使用しており、非常にうまく機能します。

現在、約900ギガバイトをバックアップしており、現在も成長を続けています...

JungleDisk(または他のAmazon S3クライアント)が非常にうまく機能していることがわかると思います。

JungledDiskの良いところは、Widows、Linux、およびMacクライアントがあることです。

2
KPWINC

もう1つの優れた解決策は、WD MyBook Worldエディションのように、信頼できる友人と2つの単純なNASデバイスを購入することです。これらのデバイスでsshアクセスを簡単に取得できます。

1つNASをあなたと、もう1つNASを彼と一緒に配置します。コストは均等に共有され、必要なものすべてを自分のNASにアップロードできます。

150ドルで、組み込みコンピュータを含む1GBのストレージを手に入れることができます。Amazonなどははるかに高価です。

1
user13346

rsync.net を数年間問題なく使用しています。あなたが言及するサービスの派手なUIなどはありませんが、プラス面ではオープンスタンダードを使用しているため、さまざまなツールを使用できます。 (例:rsync、scp、sftp、ftp、rdiff-backup、Unison、duplicity)

0
Mark

2番目にrsync.netの推奨事項を示します。

私は自分のアカウントにスイスの場所を選択し、古いrsync-over-sshを使用して、cronからホームディレクトリなどをバックアップしました。

彼らは彼らの側でストックOpenSSHを使用しているので、私はsshFSツールのスイート全体を使用してリモートファイルシステムをマウントすることもできます。これは素晴らしいことです。

0
Gustav Jersh

私はちょうど SpiderOak を見つけました。これは完全にクロスプラットフォーム(Mac、Win、Linux)であり、ボーナスとして、社内で開発したライブラリのいくつかをオープンソース化した大きなOSSサポーターです。それらは定額ではなく、むしろ「段階的」であり、月額$ 10/100GBまたは年額$ 100/100GBであり、帯域幅料金はかかりません。バックアップをS3からそこに移動する場合があります(バックエンドで使用していると思われますが、個人としては使用しない一括割引率が適用されます)。

0
pjz

Rsyncと、大量のストレージを備えたホスト型LinuxVPSを使用するだけです。これは定額料金であり、帯域幅の割り当てに近づくことすらできません。増分であり、cronを実行するのは簡単で、シンプルで、ダイヤルアップの時代から十分にサポートされています。

0
Karl Katzke