it-swarm-ja.tech

Linuxをsshにインストールする

私は完全に盲目の個人なので、通常のインストールプロセスでLinuxをインストールすることはできません。 SSHは私にとっては機能しますが、ssh接続を使用してLinuxサーバーをリモートでインストールすることは可能ですか?理想的には、CDを挿入し、Linuxをインストールするマシンの電源を入れ、SSHで接続し、SSHを介してインストールします。私はどのディストリビューションを使用するかについては特に気にしません。FreeBSDとOpenBSDでこれを行うことが可能であれば、それらの経験もあります。

10
Jared

はい。私はgentooでそれをしました。ただし、livecdの起動後にsshをオンにするためのサポートが必要になる場合があります。したがって、手順は次のようになります。

  1. CDを挿入し、コンピューターの電源を入れます
  2. ロードしましょう
  3. SSHDをオンにする-これが自動的に行われるかどうかはわかりませんが、覚えていません
  4. それにSSHで接続する
  5. ネットワーク構成に特別な注意を払いながら、すべてのインストール手順を実行します
  6. 再起動して、つま先を交差させます
  7. 新しくインストールしたコンピューターにSSHで接続し、構成/インストールを完了します
2
Tom Ritter

あなたができることの1つは、ネットワークとsshを自動的に起動して起動するlivecdまたはliveusbを見つけることです。 SystemRescueCd のカスタマイズされたバージョンのようなものが機能する可能性があります。

システムを起動したら、SSHで接続し、 debootstrap のようなものを使用して、debianまたはubuntuシステムの install を実行できます。

1
Zoredache

SSHについてはわかりませんが、console=ttyS0(最初のシリアルポートの場合)またはconsole=ttyUSB0(USB接続のシリアルポートの場合)を使用して、シリアルコンソールを使用するようにシステムを構成できます。カーネルコマンドラインで。

デフォルトでは、これは9600、パリティなし、8ビット、フロー制御なしを使用します。必要に応じて、別のボーレートを指定できます。console=ttyS0,115200

0

これはあなたが尋ねた正確な質問に答えているわけではありませんが、あなたが対処したい問題を解決する可能性があります。

通常のインストールプロセスを使用できないことが懸念される場合は、無人インストールを使用することをお勧めします。仮想マシンを使用している場合、これは非常に簡単にテストできる可能性があります。

CentOS、FedoraなどのRedHatベースの世界では、キックスタートが利用可能です。事実上、インストーラーが尋ねるすべての質問に答えるファイルを作成し、それ自体をインストールします。あなたがする必要があるのは、各マシンの新しいイメージを作成したい場合はインストールCDにある可能性のあるキックスタートファイルにカーネルを向けるだけですが、より便利なのはどこかのWebサーバーにあるので、ブートプロンプトでできます行う:

linux ks = http://somehost.tld/path/to/my/kickstart.cfg

自動化の次の段階は、それを自動的に実行することです。そのためには、PXEブートする必要があります。そこで起こることの短いバージョンは、BIOSがdhcpサーバーにネットワーク情報と次に何が起こるかを定義するネットワークの場所(ホストとファイル名)を要求するコードをロードすることです。次に、dhcpサーバーによって指定された場所から、TFTPを介してgrubから通常取得するもの(つまり、kernel/initrd +カーネルパラメーター(キックスタートファイルの場所を含む))をロードします。

詳細はわかりませんが、PXEブートで開始される自動インストールはRedHat以外のクローンでも利用できます。

最高のニュースは、このかなり複雑なセットアップが自動化され、 cobbler project の優秀な人々によって大々的に文書化されていることです。朝、コブラーを見たことがない状態から、完全に機能する自動インストール環境に移行することができました。

0
dotplus

仮想化OSの使用を計画している場合は、事前構成されたUbuntuバージョン8.04 Long Term Support JeOSをダウンロードします(これはJust Enough Operating Systemの略で、特別なvmwareゲストモジュールで構成されています。LTSは、わずかなアップグレードでの手間が少ないことを意味します)。あなたの主な関心がサーバーである場合、それで十分です-そうでなければ、パッケージマネージャーは、それに依存するパッケージをインストールすると、デスクトップ環境をダウンロードしてインストールします。ここで良い無料の画像を入手できます: http://www.vmware.com/appliances/directory/1282リンクテキスト 。デフォルトのパスワード(この場合はuser = 'User'、password = 'user'。rootはデフォルトで無効になっていると思いますので、Sudoを使用してパスワードを変更するなど)ですぐにSSHで接続できます。これはVMwareプレーヤーでうまく機能します。デフォルトはブリッジネットワークであるため、LANを介してSSHで接続するか、ポートを転送してどこからでもアクセスできます。まず、Debianの「ベースシステム」ネットインストールに似たシステムから始めます。もちろん、これを重要なシステムに使用している場合は、私が専門家ではなく、元の画像の信頼性を何らかの方法で監査または検証する必要があります。

0
bvmou