it-swarm-ja.tech

Fedoraでワイヤレスネットワークカードを無効にして再度有効にする方法は?

主にバックアップとして使用するラップトップを持っていますが、ネットワークカードを時々無効にして再度有効にする必要があるという問題があります。これはWindowsでは十分簡単ですが、Fedora(23)ではコマンドラインからこれをどのように実行できますか?ワイヤレス接続を停止したいだけではなく、実際にネットワークカードを無効にしてから再度有効にします。

助けてくれてありがとう。

4
Jefferson

これらを使用して、Eth0またはWlan0をオフにします(これらがネットワークインターフェイスの場合)。オンとオフを切り替えたい。

使用をオフにするには:

ifconfig wlan0 down

または

ifdown wlan0

使用を再開するには:

Ipconfig wlan0 up

または

Ifup wlan0

より更新されたパッケージをインストールする場合---> iproute2 提案@ MariusMatutiae

wlan0をオフにします

ip link set dev wlan0 down

wlan0をフラッシュする

ip addr flush dev wlan0

Wlan0を再起動します

ip link set dev wlan0 up
4
NetworkKingPin

明確にするために、私がwlan0ではないので、正しいインターフェイスを無効にして再起動していることをどのように確認できますか?

コマンド

ip link show 

すべてのインターフェースを表示します。 loと呼ばれるものがありますのみ内部インターフェースであり、IPC(=プロセス間通信)に使用されます)。残りのインターフェースの中で、によってwifiインターフェースを識別する

$ iwconfig
  eth0      no wireless extensions.

  wlan0     IEEE 802.11abgn  ESSID:off/any  
      Mode:Managed  Access Point: Not-Associated   Tx-Power=15 dBm   
      Retry short limit:7   RTS thr:off   Fragment thr:off
      Power Management:off

  wwan0     no wireless extensions.

  lo        no wireless extensions.

私のPCではwlan0が唯一のwifiインターフェースです。

私の場合のように、残りのインターフェースが複数ある場合は、次の方法でイーサネットを識別できますNIC

  Sudo ethtool eth0
  Sudo ethtool wwan0

:イーサネットインターフェースは長い出力を生成し、もう1つは非常に短くなります。私の場合、電話のデータネットワークであるEdge/3G/4Gへの接続に使用するwwan0インターフェイスがあります。

2
MariusMatutiae