it-swarm-ja.tech

.bashrcに追加できる便利なものは何ですか?

SOはるかに簡単になります。ここに私が使用するものがあります( 'diskspace'& 'folders'は特に便利です)。

# some more ls aliases
alias ll='ls -alh'
alias la='ls -A'
alias l='ls -CFlh'
alias woo='fortune'
alias lsd="ls -alF | grep /$"

# This is GOLD for finding out what is taking so much space on your drives!
alias diskspace="du -S | sort -n -r |more"

# Command line mplayer movie watching for the win.
alias mp="mplayer -fs"

# Show me the size (sorted) of only the folders in this directory
alias folders="find . -maxdepth 1 -type d -print | xargs du -sk | sort -rn"

# This will keep you sane when you're about to smash the keyboard again.
alias frak="fortune"

# This is where you put your hand rolled scripts (remember to chmod them)
PATH="$HOME/bin:$PATH"
141
Gareth

アーカイブを抽出する小さなスクリプトがあります。ネット上のどこかで見つけました。

extract () {
   if [ -f $1 ] ; then
       case $1 in
           *.tar.bz2)   tar xvjf $1    ;;
           *.tar.gz)    tar xvzf $1    ;;
           *.bz2)       bunzip2 $1     ;;
           *.rar)       unrar x $1       ;;
           *.gz)        gunzip $1      ;;
           *.tar)       tar xvf $1     ;;
           *.tbz2)      tar xvjf $1    ;;
           *.tgz)       tar xvzf $1    ;;
           *.Zip)       unzip $1       ;;
           *.Z)         uncompress $1  ;;
           *.7z)        7z x $1        ;;
           *)           echo "don't know how to extract '$1'..." ;;
       esac
   else
       echo "'$1' is not a valid file!"
   fi
 }
81
Gert M

私は非常に多くの異なるマシンを使用しているため、私の.bashrcは常に、特に現在ログインしているサーバーの名前を含むようにコマンドプロンプトを設定します。このようにして、Telnet/Sshの3つのレベルの深さで、間違ったウィンドウに間違ったものを入力しません。それは本当に間違ったウィンドウでrm -rf .に吸い込まれます! (注:自宅では、すべてのマシンでtelnetが無効になっています。職場では、sshが常に有効であるとは限らず、多くのマシンへのrootアクセス権がありません。)

~/bin/setpromptによって実行されるスクリプト.bashrcがあります。

RESET="\[\017\]"
NORMAL="\[\033[0m\]"
RED="\[\033[31;1m\]"
YELLOW="\[\033[33;1m\]"
WHITE="\[\033[37;1m\]"
SMILEY="${WHITE}:)${NORMAL}"
FROWNY="${RED}:(${NORMAL}"
SELECT="if [ \$? = 0 ]; then echo \"${SMILEY}\"; else echo \"${FROWNY}\"; fi"

# Throw it all together 
PS1="${RESET}${YELLOW}\h${NORMAL} \`${SELECT}\` ${YELLOW}>${NORMAL} "

このスクリプトは、プロンプトをホスト名に設定し、最後のコマンドが成功した場合は:)、最後のコマンドが失敗した場合は:(を続けます。

39
Eddie

マンページの色を少なくすると、マンページが少し読みやすくなります。

export LESS_TERMCAP_mb=$'\E[01;31m'
export LESS_TERMCAP_md=$'\E[01;31m'
export LESS_TERMCAP_me=$'\E[0m'
export LESS_TERMCAP_se=$'\E[0m'
export LESS_TERMCAP_so=$'\E[01;44;33m'
export LESS_TERMCAP_ue=$'\E[0m'
export LESS_TERMCAP_us=$'\E[01;32m'

色付きのマンページは、ほとんどをインストールしてMANPAGER環境変数として使用することでも取得できます。このページャーを男性だけでなく使用したい場合は、次のようにPAGER変数を使用します。

export PAGER="/usr/bin/most -s"
25
oyvindio

これ以上cd ../../../ ..はありませんが、最大4

引数として渡された数値として多くのディレクトリを上に移動します(デフォルトで1ずつ上がらない場合)(stackoverflow.comのコメントのリンクにあり、少し変更されています)。

up(){
  local d=""
  limit=$1
  for ((i=1 ; i <= limit ; i++))
    do
      d=$d/..
    done
  d=$(echo $d | sed 's/^\///')
  if [ -z "$d" ]; then
    d=..
  fi
  cd $d
}
24

私はさまざまなマシンを扱っているので、私のお気に入りの1つは、頻繁にSSHで接続する必要がある各マシンのエイリアスです。

alias claudius="ssh [email protected]"

マシン間のホッピングをさらに簡単にするために、適切な .ssh/config および ssh keys を設定することも役立ちます。

私のお気に入りのエイリアスのもう1つは、ディレクトリを上に移動するためのものです。

alias ..="cd .."
alias ...="cd ../.."
alias ....="cd ../../.."
alias .....="cd ../../../.."

そして、いくつかのlsの一般的に使用されるバリエーション(およびタイプミス):

alias ll="ls -l"
alias lo="ls -o"
alias lh="ls -lh"
alias la="ls -la"
alias sl="ls"
alias l="ls"
alias s="ls"

履歴は非常に便利ですが、デフォルトでは、ほとんどのディストリビューションでは、シェルが終了するたびに履歴が吹き飛ばされてしまい、そもそもあまり意味がありません。私は10,000行の歴史を持つことが好きです:

export HISTFILESIZE=20000
export HISTSIZE=10000
shopt -s histappend
# Combine multiline commands into one in history
shopt -s cmdhist
# Ignore duplicates, ls without options and builtin commands
HISTCONTROL=ignoredups
export HISTIGNORE="&:ls:[bf]g:exit"

そうすれば、以前に何かをしたことがあるのに、具体的なことを思い出せないことがわかっている場合は、簡単なhistory | grep fooで記憶力を引き出すことができます。

df -h | awk '{print $2}'のように、出力の特定の列を取得するためにawkを介して出力をパイピングしていることがよくありました。これを簡単にするために、.bashrcに関数fawkを作成しました。

function fawk {
    first="awk '{print "
    last="}'"
    cmd="${first}\$${1}${last}"
    eval $cmd
}

df -h|fawk 2を実行できるようになりました。これにより、タイピングの手間が大幅に削減されます。

区切り文字を指定する必要がある場合(例:awk -F: for /etc/passwd)、この関数は明らかにそれを処理できません。 this Gist の少し改良されたバージョンは、フィールド番号の前の任意のawk引数を処理できます(ただし、標準入力からの入力が必要です)。

19
Drew Stephens

GPG暗号化bashrc

Sudoersが簡単に読み取れないようにしたいものはすべてbashrcに入れたいものです。これに対する私の解決策は:

if [ -f ~/.bash_private.gpg ]; then
   eval "$(gpg --decrypt ~/.bash_private.gpg 2>/dev/null)"
fi

私はそれを作るGPGエージェントを持っているので、私は数時間ごとに1回だけ秘密鍵のパスワードを入力する必要があります。定義した変数、関数、エイリアスはRAMから抽出される可能性があるため、システムのユーザーをある程度信頼する必要があります。ただし、これは主にラップトップに使用します。盗まれた場合、次のようなものを簡単に見られたくありません。

alias MYsql='mysql -uadmin -psecret'
wglatest(){ wget -O https://admin:[email protected]/latest; }
15
Bruno Bronosky

これはこのための素晴らしいリソースです:

。bashrcを見せてください

12
devin

私はこれらをいたるところにセットアップしていたが、1)何が起こっているのかを完全に理解し、2)これらの機能にアクセスできることを意味するので、「手動」で行う方法を覚えておく方が良いことに気付いたカスタム.bashrcがインストールされていません。

私が最近エイリアスを使用しているのは、本当に長い行の繰り返しタイピングを減らすことです(例:alias myhost='ssh -T [email protected] screen -dAr'

12
pjz

そこにあるワンライナーと小さなスクリプトは永遠に続く可能性があります。私は男バッシュと自分で物事を書くことをお勧めします。 http://www.commandlinefu.com にあるいくつかの良い短いbashのもの。いくつかの事柄があります。

#use extra globing features. See man bash, search extglob.
shopt -s extglob
#include .files when globbing.
shopt -s dotglob
#When a glob expands to nothing, make it an empty string instead of the literal characters.
shopt -s nullglob
# fix spelling errors for cd, only in interactive Shell
shopt -s cdspell
# vi mode
set -o vi

s() { # do Sudo, or Sudo the last command if no argument given
    if [[ $# == 0 ]]; then
        Sudo $(history -p '!!')
    else
        Sudo "[email protected]"
    fi
}

Prompt_command() {
    p=$PWD  # p is much easier to type in interactive shells
    # a special IFS should be limited to 1 liners or inside scripts.
    # Otherwise it only causes mistakes.
    unset IFS
}
Prompt_COMMAND=Prompt_command


# smart advanced completion, download from
# http://bash-completion.alioth.debian.org/
if [[ -f $HOME/local/bin/bash_completion ]]; then
    . $HOME/local/bin/bash_completion
fi


extract () { # extract files. Ignore files with improper extensions.
    local x
    ee() { # echo and execute
        echo "[email protected]"
        $1 "$2"
    }
    for x in "[email protected]"; do
        [[ -f $x ]] || continue
        case "$x" in
            *.tar.bz2 | *.tbz2 )    ee "tar xvjf" "$x"  ;;
            *.tar.gz | *.tgz ) ee "tar xvzf" "$x"   ;;
            *.bz2 )             ee "bunzip2" "$x"   ;;
            *.rar )             ee "unrar x" "$x"   ;;
            *.gz )              ee "gunzip" "$x"    ;;
            *.tar )             ee "tar xvf" "$x"   ;;
            *.Zip )             ee "unzip" "$x"     ;;
            *.Z )               ee "uncompress" "$x" ;;
            *.7z )              ee "7z x" "$x"      ;;
        esac
    done
}
9
Ian Kelling

あなたがシステム管理者であり、多くのルート権限で作業している場合のBashに関する小さなヒント:

shopt -o noclobber

これにより、出力(> filename)をリダイレクトした場合に、既存のファイルの内容が誤って破棄されるのを防ぐことができます。 > | filenameでいつでも強制的に上書きできます。

9
Cyberdrow

私は私のbashrcに以下を持っています

function __setprompt {
  local BLUE="\[\033[0;34m\]"
  local NO_COLOUR="\[\033[0m\]"
  local SSH_IP=`echo $SSH_CLIENT | awk '{ print $1 }'`
  local SSH2_IP=`echo $SSH2_CLIENT | awk '{ print $1 }'`
  if [ $SSH2_IP ] || [ $SSH_IP ] ; then
    local SSH_FLAG="@\h"
  fi
  PS1="$BLUE[\$(date +%H:%M)][\u$SSH_FLAG:\w]\\$ $NO_COLOUR"
  PS2="$BLUE>$NO_COLOUR "
  PS4='$BLUE+$NO_COLOUR '
}
__setprompt

ローカルマシンでは次のようになります。

[17:57][user:~]$

しかし、リモート(ssh経由)では次のようになります。

[17:57][[email protected]:~]$
8

私はこれをしばらく.bashrcに入れましたが、役に立ちました。ボックスにログインしている場合、ログイン時に画面が自動的に開始されます。これにより、ネットワーク接続が中断された場合など、何をしていたとしても失われません。最後に配置する必要があります。

if [ "$PS1" != "" -a "${STARTED_SCREEN:-x}" = x  -a "${SSH_TTY:-x}" != x ]
then
STARTED_SCREEN=1 ; export STARTED_SCREEN
[ -d $HOME/lib/screen-logs ] || mkdir -p $HOME/lib/screen-logs

sleep 1
screen -U -RR && exit 0

echo "Screen failed! continuing with normal bash startup"
fi
6
baudtack

私はいくつかのビットを持っています:

# stop the pc speaker ever annoying me :)
setterm -bfreq 0

# don't put duplicate lines in the history. See bash(1) for more options
HISTCONTROL=ignoredups
# ... and ignore same sucessive entries.
HISTCONTROL=ignoreboth

# Expand the history size
HISTFILESIZE=10000 
HISTSIZE=100

# commands with leading space do not get added to history
HISTCONTROL=ignorespace

# am I on the internet?
alias p4='ping 4.2.2.2 -c 4'

# pwsafe
alias pw='pwsafe -p'

# ls aliases
alias ll='ls -l'
alias la='ls -A'
alias l='ls -CF'
alias lt='ls -laptr' #oldest first sort
alias labc='ls -lap' #alphabetical sort

# cd aliases
alias ..='cd ..'
alias ...='cd ../..'
alias ....='cd ../../..'

# cd into the old directory
alias bd='cd "$OLDPWD"'

# install a package and automatically respond yes to confirmation Prompt
alias ins="Sudo aptitude install"

# remove a package and its configuration files
alias remp="Sudo aptitude purge"

# search for a package - apt-cache and aptitude search in different ways
# so have both
alias searchc="apt-cache search"
alias search="aptitude search"
alias show="aptitude show"
5
Hamish Downer

とにかく、fortuneのエイリアスはいくつ必要ですか?

私は、現在そのサーバーで作業している可能性が最も高い場所に移動するcddエイリアスを作成するのが好きです。

PATH再定義は、実際には.bash_profileではなく.bashrcに属しています。

screensの大規模なセットを日常的に使用するサーバーでは、.bashrcは次のようになります。

alias s1="screen -dr chaos1"
alias s2="screen -dr chaos2"
alias s3="screen -dr chaos3"
# ... and so on

screensは、たとえばscreen -U -S chaos1で設定されました。)

5
chaos

特に、いくつかのデフォルトをlessに設定し、誤って端末を閉じないようにし、履歴を順方向にナビゲートできるようにします。

# ignore case, long Prompt, exit if it fits on one screen, allow colors for ls and grep colors
export LESS="-iMFXR"

# must press ctrl-D 2+1 times to exit Shell
export IGNOREEOF="2"

# allow ctrl-S for history navigation (with ctrl-R)
stty -ixon

/ var/log内のすべてのログをテールにします

alias logs="find /var/log -type f -exec file {} \; | grep 'text' | cut -d' ' -f1 | sed -e's/:$//g' | grep -v '[0-9]$' | xargs tail -f"
5
hoberion

Grep、egrep、zgrepなどのすべてのgrepコマンドに色を付けるには、.bashrcに次のようにします

export GREP_OPTIONS='--color=auto'

「フォルダ」エイリアスは素晴らしいです!スペースを含むディレクトリでエラーが発生しないように少し変更しました。

alias folders='find . -maxdepth 1 -type d -print0 | xargs -0 du -sk | sort -rn'
4
phoenix8

私はそれらを設定するのではなく手動で知ることについての@pjzのコメントをエコーし​​ます。特に、いつものように、多数のマシンにアクセスする場合。

したがって、私が間違いなく知っているのはset -o viです。これは、bashのvi編集コマンドを知っていて、emacsのコマンドを知らないためです(Ctrl + Aはscreenに干渉します)。私は自分の箱に.bashrcに入れました

私はexport EDITOR=vimを含める必要があることもわかりました。なぜなら、私がviを期待していたときに、何かを編集する必要のあるユーティリティによって投入されるのが最も煩わしい最近のディストリビューションのデフォルトはnanoだからです。 :-/

プロンプトも変更します。私はずっと前に、最後のエラーコードを追加することは私がそれを好きになるのに十分便利であることを発見しました。そして、プロンプトの完全パス名が好きです。そして現在のscreenの数も。また、現在のユーザーとホスト名を含めることは理にかなっています。私のプロンプトはPS1='\[email protected]\h $PWD $WINDOW [$?] \$ 'です

3
staticsan

ここに鉱山があります:

export HISTCONTROL=ignoredups
export HISTIGNORE="&:ls:bg:fg"

# set variable identifying the chroot you work in (used in the Prompt below)
if [ -z "$debian_chroot" ] && [ -r /etc/debian_chroot ]; then
    debian_chroot=$(cat /etc/debian_chroot)
fi

# shows you if you are in a chroot or in a git repository
PS1='${debian_chroot:+($debian_chroot)}\[\033[01;30m\]\h\[\033[00m\]:\[\033[01;34m\]\W\[\033[00m\]$(__git_ps1)\$ '


if [ -f /etc/bash_completion ]; then
    . /etc/bash_completion
fi

# two handy single-letter aliases

alias u='ls -hltr'
alias e='du * -cs | sort -nr | head'
alias g='grep -C5 --color=auto'

# creates a temp dir and cds into it
alias td='pushd $(mktemp -d)'

# find <dir> <file name regexp> <file contents regexp>
function fing { find "$1" -name "$2" -exec grep -H "$3" "{}" \; }

# shows "git diff" across any project in any subdirectory
alias git-differ='for g in $(find . -name ".git"); do g=${g%%.git};printf "$g\t\t\t";pu $g >/dev/null && git diff |wc -l; p >/dev/null; done'

# does git house keeping across any project in any subdirectory
alias git-housekeep='for g in $(find . -name ".git"); do g=${g%%.git};echo $g;pu $g && git repack && git gc --auto && p;done'

# Debian update
alias apg='aptitude update && aptitude dist-upgrade && aptitude clean'

# Quick way to serve files in HTTP from the local dir
alias webs='python -m SimpleHTTPServer'
3
Federico
3
raspi

Bashでウィンドウサイズが変更されたかどうかを確認します(ターミナルウィンドウのサイズを変更した場合、行編集がおかしくなるのを防ぎます)。

shopt -s checkwinsize

これは私のお気に入りです。 overwriteの代わりに、履歴にappendをbashします。通常、bashを起動すると履歴がメモリに読み込まれ、bashを閉じると履歴が書き込まれます。つまり、2つのシェルをロードし、両方を使用してから両方を閉じると、最後に閉じたシェルがすべての変更を上書きします。

このスニペットを使用すると、まず最初に(バッファー全体で上書きするのではなく)変更を追加し、すべてのコマンドの後に変更を書き出します。実際には、更新中の.bash_historyがライブで取得されるため、新しい端末を起動すると、実行中の他のセッションの履歴からのすべてのコマンドが得られます。

shopt -s histappend
Prompt_COMMAND='history -a'
3
Dan Udey

ここに私のお気に入りのいくつかがあります:

alias ls='ls -F --color=auto'
alias l='ls'
alias ll='ls -ahl'
alias ..='cd ..'
alias ...='cd ../..'
alias mv='mv -i'

mkcd() {
        if [ $# != 1 ]; then
                echo "Usage: mkcd <dir>"
        else
                mkdir -p $1 && cd $1
        fi
}

# Git related
alias gs='git status'
alias gc='git commit'
alias ga='git add'
alias Gd='git diff'
alias gb='git branch'
alias gl='git log'
alias gsb='git show-branch'
alias gco='git checkout'
alias gg='git grep'
alias gk='gitk --all'
alias gr='git rebase'
alias gri='git rebase --interactive'
alias gcp='git cherry-pick'
alias grm='git rm'
2
Tom

From Automating Linux and Unix Administration by Kirk Ba​​uer(素晴らしい本!)

PS1='\n[\[email protected]\h]: \w\n$?> '

最初の改行は私のものです。以前の出力とプロンプトの間に明確な線を入れたいです。残りは:

\ u =ユーザー名

\ h =ホスト

\ w =作業ディレクトリ

$? =最後の戻りコード

2
Cawflands

私はこれを1日に約20回使用して、最後に変更されたディレクトリにcdします。

cl()
{
        last_dir="$(ls -Frt | grep '/$' | tail -n1)"
        if [ -d "$last_dir" ]; then
                cd "$last_dir"
        fi
}

これら2つは、頻繁に使用されるディレクトリの永続的なブックマークを保持します。

rd(){
    pwd > "$HOME/.lastdir_$1"
}

crd(){
        lastdir="$(cat "$HOME/.lastdir_$1")">/dev/null 2>&1
        if [ -d "$lastdir" ]; then
                cd "$lastdir"
        else
                echo "no existing directory stored in buffer $1">&2
        fi
}
2
gz34

これらは私のお気に入りです:

export HISTFILESIZE=1000000000
export HISTSIZE=1000000

私は決して忘れないコマンドラインの履歴があるのが好きです。

残念ながら、しばらくの間、私は.bashrcを読み取れなかったcronからシェルを起動し、すべてを500行に切り刻んで、1年以上の歴史を破壊しました。したがって、これらは/ etc/bashrcに置くことをお勧めします。

2
skiphoppy

これは私のお気に入りの1つです。

alias ssh='if [ "$(ssh-add -l)" = "The agent has no identities." ]; then ssh-add; fi; /usr/bin/ssh "[email protected]"'

認証を忘れた場合は、ssh-add after sshセッションを実行して入力を無駄にすることなく認証できます。

1
joshk0

カップル良いもの

SSHがsshするホスト名を自動的に完了するようにします(構成または履歴にある場合)。

complete -o default -o nospace -W "$(/usr/bin/env Ruby -ne 'puts $_.split(/[,\s]+/)[1..-1].reject{|Host| Host.match(/\*|\?/)} if $_.match(/^\s*Host\s+/);' < $HOME/.ssh/config)" scp sftp ssh

いくつかの便利なbash補完設定

bind "set completion-ignore-case on" # note: bind used instead of sticking these in .inputrc
bind "set bell-style none" # no bell
bind "set show-all-if-ambiguous On" # show list automatically, without double tab

Mac OS Xに役立つもの

alias nospotlight='Sudo mdutil -a -i off'
alias cleardnscache='Sudo killall -HUP mDNSResponder'
alias ldd='otool -L'
alias seq='jot - '
alias eject='drutil eject'
1
lynxman
# vi ~/.bashrc # red/green terminal colors regarding exit code
export Prompt_COMMAND='PS1="`
if [[ \$? = "0" ]];
then echo "\\[\\033[0;32m\\]";
else echo "\\[\\033[0;31m\\]";
fi`[\[email protected]\h \w]\[\e[m\] "'
export PS1
1
LanceBaynes
IP_ADDRESS_BASH=`ip addr | grep -w inet | gawk '{if (NR==2) {$0=$2; gsub(/\//," "); print $1;}}'`
PS1="\h $IP_ADDRESS_BASH \w % "

次に、ログインしたマシンのIPが表示されます。

1
mrkafk

$ HOME/localにいくつかのものを手動でコンパイルするため、次の小さなスニペットを用意しています。

for prog in $HOME/local/*
do
    if [ -d "$prog/bin" ]; then
        export PATH=$prog/bin:$PATH
    fi
    if [ -d "$prog/include" ]; then
        export C_INCLUDE_PATH=$prog/include:$C_INCLUDE_PATH
    fi
    if [ -d "$prog/lib" ]; then
        export LD_LIBRARY_PATH=$prog/lib:$LD_LIBRARY_PATH
        export LIBRARY_PATH=$prog/lib:$LIBRARY_PATH
    fi
    if [ -d "$prog/man" ]; then
        export MANPATH=$prog/man:$MANPATH
    fi
    if [ -d "$prog/share/man" ]; then
        export MANPATH=$prog/share/man:$MANPATH
    fi
done

IRCクライアントが画面で実行されているため、これも持っています(.bashrcのものではありませんが、それでも役立ちます)。

#!/usr/bin/env bash

RUNNING=`screen -ls | grep irc`
if [ "" = "$RUNNING" ]; then
   screen -S irc irssi
else
   screen -dr irc
fi
1
Daniel Huckstep

私は多くのマシンでbashrcを使用しているので、LSが色付けされていることを確認するためにこの小さなスニペットを用意しています。これにより、OSXマシンで修正されます。uname行を調整すると、* BSDでも修正される可能性があります。

if [ "$TERM" != "dumb" ]; then
    if [ `uname` == "Darwin" ]; then
       alias ls='ls -G'
    else
       eval "`dircolors -b`"
       alias ls='ls --color=auto'
    fi
fi

また、ファイルをバックアップするコマンドがあります。設定ファイルを変更しようとしていて、事前に簡単なコピーを作成したい場合に便利です。

bu () { cp $1 ~/.backup/`basename $1`-`date +%Y%m%d%H%M`.backup ; }
1
Andrew Williams
mkdircd () { mkdir -p "[email protected]" && eval cd "\"\$$#\""; }

ecb () { emacsclient -n -a emacs [email protected] & } # open in emacsclient in the background
ecp () { emacsclient -n $(which [email protected]) & } # open a given file found in a $PATH in emacsclient
ecr () { Sudo_EDITOR="emacsclient -a emacs" sudoedit [email protected]; } # start emacsclient or emacs and open the file as root

eCf () { emacs --batch --eval "(byte-compile-file \"[email protected]\")"; } # byte-compile file
eCa () { emacs --batch --eval "(batch-byte-compile-if-not-done)" *.el; } # byte-compile all el files in the current directory and it's children
1
Adobe

。 $ HOME/bin/git-Prompt/ git-Prompt.sh

0
brunoqc

毎日のCLI GrindからEdgeを取り除くために使用するいくつかのエイリアス...

# I find myself doing this a lot
alias hg='history | grep '

# Likewise this, plus I'm always mistyping it...
alias findy='find . -name'

# sometimes you're just not sure you want to delete something...
alias trash='mv -t ~/.local/share/Trash/files --backup=t'

alias vb='vim ~/.bashrc'

# I find typing 'cd ..' less than optimal
alias up='cd ..'
alias 2up='cd ../../'
alias 3up='cd ../../../'
alias 4up='cd ../../../../'

# re-map caps lock key to be Ctrl
# (works on Linux, at least)
xmodmap -e "remove lock = Caps_Lock"
xmodmap -e "add control = Caps_Lock"

# helpful history settings:
export HISTCONTROL=ignoredups
export HISTCONTROL=ignoreboth
export HISTIGNORE=ls:ll:la:l:cd:pwd:exit:mc:su:df:clear:cls
0
yalestar

仕事でSolarisシステムを使用する必要がある場合があります。

ただし、システムはPuppetを介して一元管理され、パスワードファイル(シェル設定を含む)が含まれます。

俺の .bashrcしたがって、次のようになります。

%!/bin/bash
exec /bin/tcsh

:)

0
Alnitak

サイズ変更後にGNU画面のウィンドウサイズを修正するには:

shopt -s checkwinsize

ディレクトリの権限を表示するには、ショートカットls -ld

alias lld='ls -ld'

履歴表示:

alias h='history | zgrep'

そして、自分のzgrepスクリプトの内容。エイリアスに直接詰め込む方法を理解できませんでした。

#!/bin/sh
grep "${*-.}"
0

私は画面にハマっていて、マシンへのSSH接続に次のショートカットを使用しています。このスクリプトでは、p hostnameと入力してホストにSSHで接続して画面を実行するか、o hostnameと入力してローカルマシンで同じように実行画面を実行します。

まず、実行中のスクリプトと同じ名前のSSHサーバーに接続するスクリプト。これをsimple_sshと呼びます:

#!/bin/sh
BASENAME=$(basename $0)

if [ "$SCREEN" = "1" ]; then
    export SCREEN=0
    exec screen -RD scr$BASENAME -s $0
Elif [ "$SCREEN" = "2" ]; then
    exec ssh $BASENAME "[email protected]" -t 'screen -RD'
fi

exec ssh $BASENAME "[email protected]"

これをパスのmarsにシンボリックリンクすると、marsssh marsのショートカットになります。

[email protected]:bin$ ln -s simple_ssh mars
[email protected]:bin$ mars
[email protected]:~$

$SCREEN環境変数を使用すると、接続でGNU screenを自動的に実行できます。SCREEN=1は、ローカルでscreenを実行します(たとえば、screenがホストにインストールされていない場合)およびSCREEN = 2はホスト自体で実行します。

これをショートカットするには、いくつかのエイリアスを使用します。

alias o='SCREEN=1 exec'
alias p='SCREEN=2 exec'

次のような~/.ssh/configファイルを指定して、スクリプトを使用してすべてのホストのシンボリックリンクを作成します。

Host mars
    HostName mars.example.com
    User abackstrom

スクリプト、sshconfig2simplessh

#!/bin/sh

BASENAME=$(basename "$0")
USAGE="Usage: $BASENAME /path/to/bin"

if [ -z "$1" ] ; then
    echo $USAGE
    exit 0
fi

if [ ! -d "$1" ] ; then
    echo "$1 is not a directory" >&2
    exit 1
fi

cd "$1"

HOSTS=$(grep '^Host ' < ~/.ssh/config | cut -d' ' -f2)

for Host in $HOSTS ; do
    if [ ! -e "$Host" ]; then
        echo ln -s simple_ssh "$Host"
        ln -s simple_ssh "$Host"
    fi
done
0

Fedora

alias install=Sudo yum install

Debian

alias install=Sudo apt-get update && Sudo apt-get install
0
egorgry