it-swarm-ja.tech

システムにどのハードディスクがあるかを知るにはどうすればよいですか?

マウントされておらず、フォーマットされていない可能性があるものも含めて、どのようなハードディスクが利用可能かを知る必要があります。 dmesgまたは/var/log/messagesでそれらを見つけることができません(スクロールするには多すぎます)。 /devまたは/procを使用してこの情報を見つける方法があるといいのですが、方法がわかりません。 Linuxを使用しています。

238
xenoterracide

これはプラットフォームに大きく依存します。また、方法によってEdgeケースの扱いが異なる場合があります(さまざまな種類の「偽の」ディスク、RAIDボリュームなど)。

最新のudevインストールでは、/dev/diskのサブディレクトリにあるストレージメディアへのシンボリックリンクがあり、シリアル番号(/dev/disk/by-id/)、UUID(/dev/disk/by-uuidでディスクまたはパーティションを検索できます)、ファイルシステムラベル(/dev/disk/by-label/)またはハードウェア接続(/dev/disk/by-path/)。

Linux 2.6では、各ディスクおよびディスクのようなデバイスの/sys/blockにエントリがあります。 Linuxの時代以来、ディスクとパーティションは/proc/partitionsにリストされています。または、 lshwlshw -class diskを使用できます。

Linuxは、ストレージボリュームのニースツリービューを表示する lsblk ユーティリティも提供します(util-linux 2.19以降、BusyBoxを搭載した組み込みデバイスには存在しません)。

fdiskまたはdisklabelユーティリティを使用している場合は、機能しているデバイスを通知できる場合があります。

Rosetta Stone for Unix には、多くのUNIXバリアントのユーティリティ名、特に「ハードウェア構成のリスト」および「ディスクラベルの読み取り」の行があります。

lsblkは、すべてのブロックデバイスを一覧表示します。それはスクリプトに適しています:

$ lsblk -io KNAME,TYPE,SIZE,MODEL
KNAME TYPE   SIZE MODEL
sda   disk 149.1G Toshiba MK1637GS
sda1  part  23.3G 
sda2  part    28G 
sda3  part  93.6G 
sda4  part   4.3G 
sr0   rom   1024M CD/DVDW TS-L632M

lsblkはutil-linuxパッケージに含まれており、提案された代替案よりもはるかに普遍的です。

160
K3---rnc

いかがですか

lshw -class disk
70
nc3b

hwinfo 役立つ:

> hwinfo --disk
21: IDE 00.0: 10600 Disk                                        
[Created at block.245]
Unique ID: 3OOL.8MZXfAWnuH8
Parent ID: w7Y8.1T_0outZkp6
SysFS ID: /class/block/sda
SysFS BusID: 0:0:0:0
SysFS Device Link: /devices/pci0000:00/0000:00:1f.2/Host0/target0:0:0/0:0:0:0
Hardware Class: disk
Model: "Hitachi HTS54322"
Vendor: "Hitachi"
Device: "HTS54322"
Revision: "ESBO"
Driver: "ahci", "sd"
Driver Modules: "ahci"
Device File: /dev/sda
Device Files: /dev/sda, /dev/disk/by-id/ata-Hitachi_HTS543225A7A384_E2021342GEPG4J, /dev/disk/by-id/scsi-SATA_Hitachi_HTS5432_E2021342GEPG4J, /dev/disk/by-path/pci-0000:00:1f.2-scsi-0:0:0:0, /dev/disk/by-id/wwn-0x5000cca614c6395e
Device Number: block 8:0-8:15
BIOS id: 0x80
Geometry (BIOS EDD): CHS 484521/16/63
Size (BIOS EDD): 488397168 sectors
Geometry (BIOS Legacy): CHS 1023/255/63
Drive status: no medium
Config Status: cfg=new, avail=yes, need=no, active=unknown
Attached to: #17 (SATA controller)
> hwinfo --block --short
disk:                                                           
  /dev/sda             Hitachi HTS54322
partition:
  /dev/sda1            Partition
  /dev/sda2            Partition
  /dev/sda3            Partition
  /dev/sda4            Partition
  /dev/sda5            Partition

@Gilesによると、これはプラットフォームに大きく依存します。これがその一例です。

CentOS 5.5システムを実行しています。このシステムには4つのディスクと3つのウェアRAIDコントローラーがあります。

私の場合、 lshw -class diskcat /proc/scsi/scsiおよびparted --listはRAIDコントローラ(3ware 9650SE-4LP)を示しています。実際のディスクは表示されません。

/ dev/sdaボリュームを提供する3ware RAIDコントローラーのみを示します。

# lshw -class disk
  *-disk                  
       description: SCSI Disk
       product: 9650SE-4LP DISK
       vendor: AMCC
       physical id: 0.0.0
       bus info: [email protected]:0.0.0
       logical name: /dev/sda

# cat /proc/scsi/scsi 
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: AMCC     Model: 9650SE-4LP DISK  Rev: 4.06
  Type:   Direct-Access                    ANSI SCSI revision: 05

# parted --list

Model: AMCC 9650SE-4LP DISK (scsi)
Disk /dev/sda: 2000GB

下にあるディスクを確認するには、3wareからtw_cliユーティリティをインストールし、コントローラー自体に問い合わせる必要がありました。

# tw_cli info c0
...

VPort Status         Unit Size      Type  Phy Encl-Slot    Model
------------------------------------------------------------------------------
p0    OK             u0   931.51 GB SATA  0   -            WDC WD1002FBYS-02A6 
p1    OK             u0   931.51 GB SATA  1   -            WDC WD1002FBYS-02A6 
20

インストールしたHDDを確認できますか? 」と「 ストレージデバイスのメーカーとモデルを確認するにはどうすればよいですか? 」の両方がこの質問の重複としてマークされているため、誰もhdparmsmartctlに言及していないことに驚いています。いくつかのマシンを見ると、どちらか一方(両方ではない場合)は、標準(古い)のLinuxディストリビューションにすでにインストールされていることが多いようです。

# smartctl -i /dev/sda
smartctl 6.1 2013-03-16 r3800 [i686-linux-3.9.9-301.fc19.i686.PAE] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family:     Toshiba 2.5" HDD MK..56GSY
Device Model:     Toshiba MK1656GSY
Serial Number:    60PKT43CT
LU WWN Device Id: 5 000039 2919874b6
Firmware Version: LH013D
User Capacity:    160 041 885 696 bytes [160 GB]
Sector Size:      512 bytes logical/physical
Device is:        In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is:   ATA8-ACS (minor revision not indicated)
SATA Version is:  SATA 2.6, 3.0 Gb/s
Local Time is:    Mon Jul 22 11:13:37 2013 CEST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

# hdparm -i /dev/sda

/dev/sda:

 Model=Toshiba MK1656GSY, FwRev=LH013D, SerialNo=60PKT43CT
 Config={ Fixed }
 RawCHS=16383/16/63, TrkSize=0, SectSize=0, ECCbytes=0
 BuffType=unknown, BuffSize=16384kB, MaxMultSect=16, MultSect=16
 CurCHS=16383/16/63, CurSects=16514064, LBA=yes, LBAsects=312581808
 IORDY=on/off, tPIO={min:120,w/IORDY:120}, tDMA={min:120,rec:120}
 PIO modes:  pio0 pio1 pio2 pio3 pio4
 DMA modes:  sdma0 sdma1 sdma2 mdma0 mdma1 mdma2
 UDMA modes: udma0 udma1 udma2 udma3 udma4 *udma5
 AdvancedPM=yes: unknown setting WriteCache=enabled
 Drive conforms to: Unspecified:  ATA/ATAPI-3,4,5,6,7

 * signifies the current active mode

通常どおり、その他のオプションについてはマンページを確認してください。

私はFedora 14を実行していますが、lshwはここでは利用できません(少なくともデフォルトでは)。ただし、私の場合はfdisk -lコマンド(rootユーザーとして)を実行して、次の出力を取得します。

Disk /dev/sda: 8589 MB, 8589934592 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1044 cylinders, total 16777216 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x0006a697

Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *        2048     1026047      512000   83  Linux
/dev/sda2         1026048    16777215     7875584   8e  Linux LVM

Disk /dev/sdb: 8589 MB, 8589934592 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1044 cylinders, total 16777216 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Disk /dev/sdb doesn't contain a valid partition table

Disk /dev/dm-0: 6509 MB, 6509559808 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 791 cylinders, total 12713984 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Disk /dev/dm-0 doesn't contain a valid partition table

Disk /dev/dm-1: 1543 MB, 1543503872 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 187 cylinders, total 3014656 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Disk /dev/dm-1 doesn't contain a valid partition table
12
Eugene S

他のSEの回答にありますinxiツールは非常に便利です:

inxi -Dxx
Drives:    HDD Total Size: 810.2GB (42.9% used)
           ID-1: /dev/sdc model: ST3160827AS size: 160.0GB serial: 5MT2HMH6
           ID-2: /dev/sdb model: WDC_WD3200JD size: 320.1GB serial: WD-WCAMR1302926
           ID-3: /dev/sda model: ST380817AS size: 80.0GB serial: 4MR2EWBE
           ID-4: /dev/sdd model: ST3250824AS size: 250.1GB serial: 9ND08GKX
sfdisk -l  

マウントされていない場合でも、ハードウェア/物理ディスクに関する詳細情報を提供します。

プログラムは、私が使用したすべてのLinuxバリアントにプリインストールされていますが、使用するにはrootである必要があります。

4
codeslinger

リストされているコマンドの多くは、起動時にシステムによってすでに認識されているディスクを探すのに役立ちます。最近のドライブでは、マシンの稼働中に挿入したものを探しているかもしれません(私はそうしました)。 http://fredericiana.com/2010/06/15/hot-plugging-a-sata-drive-under-linux/ からのアドバイスが好きです:

これを試して、SCSIホストを再スキャンします(各SATAポートはSCSIバスとして表示されます)。

echo "0 0 0">/sys/class/scsi_Host/host/scan

...次に、fdiskなどのLinuxユーティリティを使用して、検出されたディスクに関する情報を表示できます。

3
Mike Schwager

これは私のために働きました:

fdisk -l 2>/dev/null | grep "Disk \/" | grep -v "\/dev\/md" | awk '{print $2}' | sed -e 's/://g'
2
Aldo Vargas

Sudo gpartedは、これらすべてをGUIに表示します。

(ターミナル内で実行する必要があると指定しなかったので、なぜこのソリューションが欠落していたのかと思います。)

1
Ondra Žižka