it-swarm-ja.tech

ゲストオペレーティングシステムから仮想マシンのステータスを非表示にする

ホストOS:FedoraゲストOS:Windows 10仮想化:KVM

つまり、仮想マシンであることを認識していないWindows 10ホストマシンを実行するという考えです。ゲストWindowsマシンでタスクマネージャーを開き、[仮想マシン]タグが[いいえ]に設定されている[パフォーマンス]タブに移動すると、これまでのところ、タスクマネージャーがこれらの2つのパラメーターに基づいて決定を行うことを理解しました。

  1. CPUIDハイパーバイザー存在ビットのテスト
  2. 仮想BIOS DMI情報とハイパーバイザーポートのテスト

VM(ゲストとして)でWindows 10を実行し、それがVMではないことを確信させたいと思います。GPUパススルー、ドライバーキルスイッチ、テストなど、本当に多くの理由があります。 ..

誰かがこれを設定するのを手伝ってくれますかVMなので、それがVMであることを認識できなくなりました。

Virt-Managerも使用しています。

マイケルからの怒鳴り声は問題を解決し、明確なガイドラインを提供します。ただし、目的が達成され、タスクマネージャーでVMとして報告されなくなりましたが、Powershell内で「systeminfo」コマンドを実行すると、 「SeaBios -...... Fedora28 .....」のような「BIOSバージョン」と「QEMU」の「システムメーカー」。

これらのパラメータも変更できますか?

お忙しいところありがとうございました。

2
ChronicUser

ゲストOSからハイパーバイザーを隠すには、2つのことを行う必要があります。

  • ハイパーバイザーCPU機能フラグを非表示にします。
  • ハイパーバイザーCPUIDリーフを非表示にします。

これらのどちらもvirt-managerで完全に実行することはできません。仮想マシンのXMLを編集する必要があります。

デフォルトでは、CPUは「ハイパーバイザのデフォルト」に設定されています。

virt-manager CPU selection of Hypervisor default

これにより、「QEMU仮想CPUバージョン2.5以降」が生成されます。

Task Manager with QEMU virtual CPU

まず、virt-managerでCPUタイプを設定する必要があります。デフォルトのQEMU仮想CPUでは、ハイパーバイザーフラグをlibvirt内で削除できません。

最高のパフォーマンスと機能を得るには、「ホストCPU構成のコピー」と「適用」を選択するだけです。これにより、ネストされた仮想化を使用して、この仮想マシン内で64ビットアクセラレーションされた仮想マシンを実行できます。

virt-manager CPU setting Copy Host CPU configuration

これで、仮想マシンXMLに編集可能なCPUセクションがあります。 Sudo virsh edit <vmname>を実行します。 CPUセクションは次のようになります。

  <cpu mode='Host-model' check='partial'>
    <model fallback='allow'/>
  </cpu>

要素を追加してハイパーバイザーCPU機能を削除する必要があるため、次のようになります。

  <cpu mode='Host-model' check='partial'>
    <model fallback='allow'/>
    <feature policy='disable' name='hypervisor'/>
  </cpu>

次に、ハイパーバイザーCPUIDリーフを無効にする必要もあります。これにより、NVIDIAドライバーのような他のいくつかのものが機能します。

これは、<features>要素内に新しい要素を追加することによって行われます。

すぐ真上に:

  </features>

追加する必要があります:

  <kvm>
    <hidden state='on'/>
  </kvm>

ここで、VM=をシャットダウンして再起動します(再起動では不十分です。完全なシャットダウンが必要です)。

この時点で、タスクマネージャーに次のように表示されます。

Task Manager with Copy Host model CPU

PowerShellまたはコマンドプロンプトでsysteminfoを実行することもできます。一番下のすべてが順調であれば、Hyper-Vセクションにすべての「はい」の回答が表示されます。

Hyper-V Requirements:      VM Monitor Mode Extensions: Yes
                           Virtualization Enabled In Firmware: Yes
                           Second Level Address Translation: Yes
                           Data Execution Prevention Available: Yes

これで、やりたいことは何でもできます。

8
Michael Hampton