it-swarm-ja.tech

Visual Studio Community 2015のインストールがシステムの復元ポイントの作成でスタックする

新しいVisual Studio 2015 Community Editionをインストールしようとしましたが、インストールがシステムの復元ポイントの作成でスタックするため、残念ながら成功しませんでした。

問題を解決するために私がしたこと:

  • ディスクに十分なスペースがあるかどうかを確認
  • 管理者としてインストールを開始
  • システム保護に使用される最大ディスク容量を調整(4GB)

私の問題を解決するために試すことができる他の可能な解決策を知っていますか?タイ

18
CMS

Windows 10でのVS2015のインストール中に同じ問題が発生しました。

インストールをブロックしたsvchost.exeプロセスを強制終了することで問題を解決しました:

  1. タスクマネージャーの詳細タブに移動します
  2. vs_community.exeを検索
  3. Analyze待機チェーンを開き、
  4. svchost.exeを確認し、強制終了してください。

システムの復元ポイントの作成は停止しますが、インストールは再開されます。

34
lk.

マシンで実行されているアンチウイルスを無効にしてみてください。それは私のために働いた。

6
user1912383

現在のバージョンのAVG無料のアンチウイルスは、Microsoft Visual Studio 2015と互換性がありません。

  1. コンピューターにVisual Studioをインストールすることはできません。 「復元ポイントの作成」でスタックします。 AVGがオフの場合、Visual Studioは完全にインストールされます。

  2. 「リリース」モードでコンパイルされたコード(プロジェクトプロパティ内の)x86プラットフォーム/環境は、コンパイルされません。 AVGをオフにすると、正常にコンパイルされます。

AVGサポートフォーラムに問題を投稿しましたが、誰も応答しませんでした。

4
Computer User

同じ問題がありました。
2つのアンチウイルスを使用していますAVGインターネットセキュリティ、アバストインターネットセキュリティ。
AVGファイアウォールを停止し、シャットダウンするまでアバストを停止しようとしました。
そしてうまくいきました。インストール成功

1
SCLEE KOREA

Windows 8の場合、上記はほぼ適切です。チェーンを分析してもsvchost.exeは生成されませんでした。ただし、インストーラーのみを実行している場合は、最大のメモリ消費量であるsvchost.exeを探して、指を交差させ、強制終了します。

0
Jeremy Henry