it-swarm-ja.tech

Fedora 30のアップグレードで起動できない

Fedoraのドキュメントに記載されているとおりに、dnf system-upgradeを使用して32ビットのFedora 28から30にアップグレードしました。 dnf system-upgrade rebootまではすべて問題ありませんでした。起動したシステムは、クリーンアップと検証を行い、パッケージをアップグレードしました。数時間後、システムは再起動しましたが、grubは起動できず、grubコマンドモードに入ります。

CDレスキューディスクを使用して、ハードディスクとその上のすべてのパーティションをfdiskとfsckで確認しました。問題は発生していません。/boot /で確認しましたが、vmlinuzとinitramfsが期待されるエンディングとサイズで問題ないことがわかりました。

しかし、/ boot/grub2/grub.cfgは奇妙で、通常の構造とは大きく異なります。

Configfile /grub2/grub.cfg.rpmsaveを使用してgrubコマンドラインから起動し、Fedora 28で起動できました。grub2-mkconfigを使用して一時的なgrub.cfgを生成しようとしましたが、/ tmp /を/boot/grub2/grub.cfgと比較するため。結果:まったく同じです。

システムをFedora 30で期待どおりに動作させるにはどうすればよいですか?

この古いカーネル28を実行中にdnf updateを実行するのは良い考えですか?

5
Claude Frantz

同じ問題がありました。どうやらFedoraのインストールが十分古い場合は、問題があります。初期バージョンから29、次に30にアップグレードしました。30にアップグレードすると、grub>プロンプトが表示されます。

結局、私はgrub2-installを実行することについてのアドバイスに従いました 一般的なF30バグ@ Fedoraプロジェクト

トラブルシューティング/レスキューモードでインストールディスクを使用して、grub.cfgを操作できるようにしました。私が行った手順は次のとおりです。

  1. 現在の(30)をコピーして、将来に備えます:cp grub.cfg grub.cfg.new
  2. 古い(29)をコピーしました:cp grub.cfg.rpmsave grub.cfg
  3. 再起動すると、29になります。
  4. ログインしてgrub2-install /dev/{boot drive}を実行しました(私にとっては、{boot drive}sdaでした)
  5. 再起動したが、正直なところ、これが必要かどうかわからない
  6. ログインし、現在の(3)grub.cfgを元の場所に戻します:cp grub.cfg.new grub.cfg
  7. 再起動– FC 30が表示され、正常に起動した
  8. FC29の代わりにFC30が持っているものをすべて取得するためにgrub2-installを再実行
  9. 再起動、ログイン、実行dnf update
3
Evan

手順の最も重要な部分は、新しくアップグレードされたFC30システムでgrub2-installを実行することです。私の意見では、これを実行することでおそらく十分です。起動プロセスが停止した状態に応じて、システムを起動するには、GRUB2シェルで別のコマンドを入力する必要があります。上記の「configfile」コマンドにより、古いカーネルから始めることができました。提供されたGRUB2ブートエントリを編集し、適切な「root =」サフィックスを「linux」コマンドに追加すると、新しいカーネルで別の状況で開始する機会が得られました。システムが実行されたらすぐに、ルートシェルに前述の「grub2-install」と入力します。

0
Claude Frantz