it-swarm-ja.tech

分類入力へのカスタムフィールドの追加:パネル

私が達成するのがかなり簡単であると私が考えた何かを達成しようとしていますが、それは私のニーズを達成するために利用可能な実際の例がないようです。

基本的に、私はこのカスタム投稿タイプに対して "記事"というカスタム投稿タイプを持っています。私は登録した新しい分類法を持っています。これはソース出版物を追加できるように作成されたものです。

私の目標は、このカスタム投稿タイプを介して記事を追加してから、用語リストから該当する「ソース出版物」を選択して、記事の出所を表示できるようにすることでした。

今、私が抱えている問題は単純そうです...私がやろうとしているのはあなたがそれぞれの分類学用語を入力できるページにいくつかの追加のフィールドを追加することです。この場合、ロゴを追加できるように、「URL」のフィールドを追加し、各ソースの画像を含めます。

それで、ここでの問題は...各用語に追加のフィールドを追加する方法を教えてください。

私はwordpressがこの機能を単純に認めていないのであれば、何らかの形で "description"フィールドを一種のカスタムフィールド領域として利用することができ、したがってデータをそこに格納できると仮定しています。

それから私はもちろんデータを取り出してそれを表示しようとしています。

次のようなカスタム投稿タイプに合わせて列を変更できるのと同じ方法で、だれでも興味がある場合に備えて、分類列の列タイトルをカスタマイズできました。

// CUSTOM TAXONOMY COLUMNS FOR CONTENT SOURCES
   add_filter("manage_edit-content_sources_columns", 'content_sources_columns');    
   function content_sources_columns($content_sources_columns) {
    $new_columns = array(
        'cb' => '<input type="checkbox" />',
        'name' => __('Name'),
//      'source_image' => '',
        'description' => __('URL'),
        'slug' => __('Slug'),
        'posts' => __('Posts')
        );
    return $new_columns;
   }
4

こんにちは @ NetConstructor.com

先月私は誰かのために書いた、そしてそれはあなたが探しているものに対処するかもしれない。これはあなたが変更する例であり、すぐに使える完全な解決策ではありません。

<?php
/*
 * Example code showing how to hook WordPress to add fields to the taxonomny term edit screen.
 * 
 * This example is meant to show how, not to be a drop in example.
 *
 * This example was written in response to this question:
 *
 *    http://lists.automattic.com/pipermail/wp-hackers/2010-August/033671.html
 *
 * By:
 *
 *    Mike Schinkel (http://mikeschinkel.com/custom-wordpress-plugins/)
 *
 * NOTE:
 *
 *    This could easily become a plugin if it were fleshed out.
 *    A class with static methods was used to minimize the variables & functions added to the global namespace.
 *    wp_options was uses with one option be tax/term instead of via a serialize array because it aids in retrival
 *    if there get to be a large number of tax/terms types. A taxonomy/term meta would be the prefered but WordPress
 *    does not have one.
 *
 * This example is licensed GPLv2.
 *
 */

// These are helper functions you can use elsewhere to access this info
function get_taxonomy_term_type($taxonomy,$term_id) {
  return get_option("_term_type_{$taxonomy}_{$term->term_id}");
}
function update_taxonomy_term_type($taxonomy,$term_id,$value) {
  update_option("_term_type_{$taxonomy}_{$term_id}",$value);
}

//This initializes the class.
TaxonomyTermTypes::on_load();

//This should be called in your own code. This example uses two taxonomies: 'region' & 'opportunity'
TaxonomyTermTypes::register_taxonomy(array('region','opportunity'));

class TaxonomyTermTypes {
  //This initializes the hooks to allow saving of the
  static function on_load() {
    add_action('created_term',array(__CLASS__,'term_type_update'),10,3);
    add_action('edit_term',array(__CLASS__,'term_type_update'),10,3);
  }
  //This initializes the hooks to allow adding the dropdown to the form fields
  static function register_taxonomy($taxonomy) {
    if (!is_array($taxonomy))
      $taxonomy = array($taxonomy);
    foreach($taxonomy as $tax_name) {
      add_action("{$tax_name}_add_form_fields",array(__CLASS__,"add_form_fields"));
      add_action("{$tax_name}_edit_form_fields",array(__CLASS__,"edit_form_fields"),10,2);
    }
  }
  // This displays the selections. Edit it to retrieve
  static function add_form_fields($taxonomy) {
    echo "Type " . self::get_select_html('text');
  }
  // This displays the selections. Edit it to retrieve your own terms however you retrieve them.
  static function get_select_html($selected) {
    $selected_attr = array('text'=>'','user'=>'','date'=>'','etc'=>'');
    $selected_attr[$selected] = ' selected="selected"';
    $html =<<<HTML
<select id="tag-type" name="tag-type">
  <option value="text"{$selected_attr['text']}>Text</option>
  <option value="user"{$selected_attr['user']}>User</option>
  <option value="date"{$selected_attr['date']}>Date</option>
  <option value="etc" {$selected_attr['etc']}>Etc.</option>
</select>
HTML;
    return $html;
  }
    // This a table row with the drop down for an edit screen
    static function edit_form_fields($term, $taxonomy) {
    $selected = get_option("_term_type_{$taxonomy}_{$term->term_id}");
    $select = self::get_select_html($selected);
    $html =<<<HTML
<tr class="form-field form-required">
  <th scope="row" valign="top"><label for="tag-type">Type</label></th>
  <td>$select</td>
</tr>
HTML;
    echo $html;
  }
  // These hooks are called after adding and editing to save $_POST['tag-term']
  static function term_type_update($term_id, $tt_id, $taxonomy) {
    if (isset($_POST['tag-type'])) {
      update_taxonomy_term_type($taxonomy,$term_id,$_POST['tag-type']);
    }
  }
}

それが役に立てば幸い。

5
MikeSchinkel

カスタム分類メタ/追加フィールド/カスタムフィールドをオプションテーブルに保存すると、サイトのパフォーマンスが低下することがあります。あなたのサイトが重いウェイト(訪問者が多い、ヒットが多い)の場合のように、カスタム分類法の多数のためにオプションテーブルは巨大になるでしょう。そしてそれは他のプラグインのget_option()クエリのロード時間を増加させるでしょう、あるいは私はこれがパフォーマンスをかなり妨げると思います。不要なものをオプションテーブルに保存するか、オプションテーブルの行数を増やす必要があります。

2
Manchumahara

おそらく同じことを探すために私の探求の中でこの記事に遭遇した、そしてこのプラグインに遭遇して間もなくではなかった: Ultimate Taxonomy Manager 。まだそれを支持しているわけではありませんが、テスト環境で試してみましたが、あなたが探しているものであると思います。データを検索するときに少し不器用に感じますが、それは私と私のドキュメンテーションの理解にすぎないかもしれません。

2
jageo

より簡単で簡単な方法は次のとおりです。

WordPress Taxonomies Extra Fields the easy way - Bainternet

1
Bainternet

分類法ではないものを追加することによって分類法を変更しようとしていますが、混乱するだけです。

代わりに、記事の投稿タイプにカスタムメタボックスを追加し、URLと画像のURLをカスタムフィールドに保存する必要があります。それからget_metaを使用して関連する投稿でそれらのカスタムフィールドを検索するためにfunctions.phpに列を追加するコードを使用します。

1
Tom J Nowell