it-swarm-ja.tech

1つ以上のコアを無効にするとCPUはより安定しますか?

私は読んでいました この記事 、そして私はこれに気づかずにはいられませんでした:

... 7003.38 MHz、2つのCPUコアが有効で、ハイパースレッディングが無効。

一部のCPUコアを無効にし、ハイパースレッディング(またはAMD CPUの場合はサーマルスロットル)を無効にする本当には、特にオーバークロック時にシステムの安定性を向上させますか?

29
AStopher

あなたの記事で説明されているOCは、コア電圧を大幅に増加させることを含みました。その電圧と周波数で動作している間、発熱を減らすために追加機能を無効にする必要がありました。

「安定性」は、オーバークロックに関連して多くのことを意味しますが、この場合、熱安定性が最優先される可能性があります。

30
Frank Thomas

特にCPUコアで最初に頭に浮かぶのは、これらの機能を無効にすると、コアが生成する極端な熱に対処しやすくなるということです。さらに、ハイパースレッディングを無効にすると、理論的には温度を下げるのに役立つはずです。これらの速度と電圧では、おそらく彼の最大の関心事です。

8
dzampino

CPUの熱的不安定性は、内部コア(たとえば、L2キャッシュよりも高い温度で動作するように設計されています)または外部CPUで発生する可能性があります。 CPUが熱超伝導体である場合、それはすべて同じ温度になり、これは問題ではありません。

通常、熱はヒートシンクで覆われた表面全体から除去され、単位体積あたり(またはCPUアーキテクチャ以降は表面)の消費電力率に応じて、主にコアで生成され、補助ハードウェアで生成されます。基本的にフラットです)。

Penryn power density map

CPUの電圧と周波数を上げると、発熱量が増える効果がありますコア内。この増加から定常状態で除去された熱を差し引いたものがコアの温度を高くしすぎる場合は、無効にするコアの数は関係ありません。有効なコアはクラッシュします。または、しばらくすると エレクトロマイグレーション が原因で失敗します。

ただし、温度がコアセーフであれば、温度がコアからフリンジ(上記の赤と黄色)に浸透するため、温度outsideがまだ上向きになっていることがわかります画像)。

そのため、コアが臨界温度を下回っていても、フリンジ温度がフリンジ温度許容値を超えてしまうことがあります。 Thenフリンジ内の何かが誤動作し、コア自体がまだ安全ゾーンにある場合でも、CPU全体が「不安定」になります。

フリンジの熱はallコア、ハイパースレッディングセクションなどから(また)発生するため、これらの機能を無効にすると、この熱が減少し、フリンジが維持される可能性があります安定した。

さらに言えば、実行されているコードの種類でさえ、発電に影響を与える可能性があります。そのため、SSE3サポートなどの有無にかかわらずコンパイルされた同じコードを実行すると失敗する可能性があります。実際には、 命令シーケンスの選択 でさえ関連している可能性があり、 その点に関する研究 があります。

6
LSerni