it-swarm-ja.tech

du出力をサイズでどのように並べ替えますか?

並べ替え方法du -sh /dir/*サイズ別?私は| sort -nしかし、それは明らかに正しくありません。これが間違っている例です。

[~]# du -sh /var/* | sort -n
0       /var/mail
1.2M    /var/www
1.8M    /var/tmp
1.9G    /var/named
2.9M    /var/run
4.1G    /var/log
8.0K    /var/account
8.0K    /var/crash
8.0K    /var/cvs
8.0K    /var/games
8.0K    /var/local
8.0K    /var/nis
8.0K    /var/opt
8.0K    /var/preserve
8.0K    /var/racoon
12K     /var/aquota.user
12K     /var/portsentry
16K     /var/ftp
16K     /var/quota.user
20K     /var/yp
24K     /var/db
28K     /var/empty
32K     /var/lock
84K     /var/profiles
224M    /var/netenberg
235M    /var/cpanel
245M    /var/cache
620M    /var/lib
748K    /var/spool
209
xenoterracide

GNU coreutils(ほとんどのLinuxディストリビューションで一般的))を使用している場合は、

du -sh -- * | sort -h

-hオプションはsortに、入力が人間が読める形式(単位付きの数値、1024ベース)であることを伝えます。1023は1K未満と見なされ、たまたまGNU du -hは行います)。

この機能 GNU Core Utilities 7.5 in Aug 2009 に追加されました。

注:

古いバージョンのMac OSXを使用している場合は、brew install coreutilsを使用してcoreutilsをインストールし、gsortのドロップイン置換としてsortを使用する必要があります。

新しいバージョンのmacOS(Mojaveで検証済み)はsort -hをネイティブでサポートしています。

268
Shawn J. Goff

-kフラグを使用して、人間が読める形式を使用する代わりに1Kブロックをカウントしてください。次に、共通の単位があり、数値の並べ替えを簡単に行うことができます。

du -ck | sort -n

人間のユニットを明示的に必要とするわけではありませんが、必要な場合は、いくつかの方法があります。多くの人が上記の1Kブロックテクニックを使用しているようで、次にduをもう一度呼び出します。

https://serverfault.com/questions/62411/how-can-i-sort-du-h-output-by-size

追加されたKB単位を確認するには、次のコマンドを使用します。

du -k | sed -e 's_^\([0-9]*\)_\1 KB_' | sort -n
49
pboin

GNU coreutils の最新バージョンがない場合は、_-h_なしでduを呼び出して、ソート可能な出力を取得できます。少し後処理することで、人に優しい出力を生成します。これには、バージョンのduに_-h_フラグがない場合でも機能するという利点があります。

_du -k | sort -n | awk '
    function human(x) {
        if (x<1000) {return x} else {x/=1024}
        s="kMGTEPZY";
        while (x>=1000 && length(s)>1)
            {x/=1024; s=substr(s,2)}
        return int(x+0.5) substr(s,1,1)
    }
    {gsub(/^[0-9]+/, human($1)); print}'
_

SIサフィックス(1024ではなく1000の倍数)が必要な場合は、whileループ本体で1024を1000に変更します。 (条件内の1000は意図されているため、たとえば_1M_ではなく_1000k_が得られることに注意してください。)

duにサイズをバイトで表示するオプションがある場合(例_-b_または_-B 1_ —これには、ディスク使用量ではなく実際のファイルサイズをカウントするという副作用があることに注意してください)、 s(つまり_s=" kMGTEPYZ";_)の先頭にスペースを入れるか、human関数の先頭にif (x<1000) {return x} else {x/=1024}を追加します。

1から10の範囲の数値の10進数字の表示は、読者への課題として残されています。

ない場合sort -h あなたはこれを行うことができます:

du -sh * | sed 's/\([[:digit:]]\)\t/\1B\t/' | sed 's/\(.\t\)/\t\1/' | sed 's/G\t/Z\t/' | sort -n -k 2d,2 -k 1n,1 | sed 's/Z\t/G\t/'

これはduリストを取得し、サフィックスを分離し、それを使用してソートします。 <1Kにはサフィックスがないため、最初のsedはB(バイト)を追加します。 2番目のsedは、数字とサフィックスの間に区切り文字を追加します。 3番目のsedはGをZに変換して、Mより大きくします。テラバイトのファイルがある場合は、GをYに、TをZに変換する必要があります。最後に、2つの列で並べ替えてから、Gサフィックスを置き換えます。

9
Shawn J. Goff

OS Xでは、必要なcoreutilsを Homebrew でインストールできます。

brew install coreutils

これにより、gsortが作成されます。これには、-hコマンドラインパラメーターが含まれます。

6
Roland

この小さなPerlスクリプトがうまくいきます。 duh(または任意の名前)として保存し、duh /dir/*で呼び出します。

#!/usr/bin/Perl -w
use strict;

my @line;

sub to_human_readable {
        my ($number) = @_;
        my @postfix = qw( k M G T P );
        my $post;
        my $divide = 1;
        foreach (@postfix) {
                $post = $_;
                last if (($number / ($divide * 1024)) < 1);
                $divide = $divide * 1024;
        }
        $number = int($number/$divide + 0.5);
        return $number . $post;
}

sub trimlengthright {
        my ($txt, $len) = @_;
        if ( length($txt) >= $len ) {
                $txt = substr($txt,0,$len - 1) . " ";
        } else {
                $txt = $txt . " " x ($len - length($txt));
        }
        return $txt;
}

sub trimlengthleft {
        my ($txt, $len) = @_;
        if ( length($txt) >= $len ) {
                $txt = substr($txt,0,$len - 1) . " ";
        } else {
                $txt = " " x ($len - length($txt)) . $txt;
        }
        return $txt;
}

open(DF,"du -ks @ARGV | sort -n |");
while (<DF>) {
        @line = split;
        print &trimlengthleft(&to_human_readable($line[0]),5)," "; # size
        print &trimlengthright($line[1],70),"\n"; # directory
}
close DF;
4
ddeimeke

Mac OS Xには-hsortのオプションなので、最初にsedawkを試して学習しました。

du -sk * | sort -g | awk '{ numBytes = $1 * 1024; numUnits = split("B K M G T P", unit); num = numBytes; iUnit = 0; while(num >= 1024 && iUnit + 1 < numUnits) { num = num / 1024; iUnit++; } $1 = sprintf( ((num == 0) ? "%6d%s " : "%6.1f%s "), num, unit[iUnit + 1]); print $0; }'

長い列です。展開すると、次のようになります。

du -sk * | sort -g | awk '{ 

    numBytes = $1 * 1024; 
    numUnits = split("B K M G T P", unit); 
    num = numBytes; 
    iUnit = 0; 

    while(num >= 1024 && iUnit + 1 < numUnits) { 
        num = num / 1024; 
        iUnit++; 
    } 

    $1 = sprintf( ((num == 0) ? "%6d%s " : "%6.1f%s "), num, unit[iUnit + 1]);
    print $0; 

}'

Mac OS X Mavericks、Yosemite、Ubuntu 2014-04で試してみましたが、awkはデフォルトのawkです(nawkです。awknawkポイント/usr/bin/mawk)またはgawk、そしてそれらはすべて動作しました。

Macでの出力のサンプルを次に示します。

     0B  bar
     0B  foo
   4.0K  wah
  43.0M  Documents
   1.2G  Music
   2.5G  Desktop
   4.7G  Movies
   5.6G  VirtualBox VMs
   9.0G  Dropbox
  11.7G  Library
  21.2G  Pictures
  27.0G  Downloads

の代わりに du -sk *、@ Stefanの回答で、総計も表示されていることを確認しました。ファイルシステムのマウントポイントを経由せずに、du -skcx *

4
nonopolarity

これは私がUbuntu 10.04、CentOS 5.5、FreeBSD、Mac OS Xで使用しているものです。

私は www.geekology.co.za/earthinfo.org からアイデアを借用し、悪名高い ducks を "Linux Server Hacks"から借りましたオライリー作。私はまだそれを自分のニーズに合わせています。これはまだ作業中です(今朝も電車の中でこれに取り組んでいました)。

#! /usr/bin/env bash
ducks () {
    du -cks -x | sort -n | while read size fname; do
        for unit in k M G T P E Z Y; do
            if [ $size -lt 1024 ]; then
                echo -e "${size}${unit}\t${fname}"
                break
            fi
            size=$((size/1024))
        done
    done
}
ducks > .ducks && tail .ducks

出力は次のとおりです。

[email protected]:~ $ ducks
32M src
42M .cpan
43M .macports
754M    doc
865M    Work
1G  .Trash
4G  Library
17G Downloads
30G Documents
56G total

[email protected]:~ $
1

GNU sort -hがない場合、これはほとんどのUNIX環境で機能するはずです。

join -1 2 -2 2 <(du -sk /dir/* 2>/dev/null | sort -k2,2) <(du -sh /dir/* 2>/dev/null | sort -k2,2) | sort -nk2,2 | awk '{ print $3 "\t" $1 }'
1
friedl.otto

このスクリプトに夢中になる-

$du -k ./* | 
> sort -nr |
> awk '
> {split("KB,MB,GB",size,",");}
> {x = 1;while ($1 >= 1024) {$1 = $1 / 1024;x = x + 1} $1 = sprintf("%-4.2f%s", $1, size[x]); print $0;}'
1
jaypal singh

コマンド:

du -ah . | sort -k1 -h | tail -n 50

説明:

  • 現在のディレクトリにあるすべてのファイル/フォルダーのサイズを人間が読める形式で再帰的にリストします

du -ah .

  • 最初の列にある人間が読めるサイズをソートし、最大の50を保持します

sort -k1 -h | tail -n 50

0
Rohan Ghige

最大のものは下にあります:

du -sh * | sort -h
0
Meskan

これは空白またはアポストロフィを含むファイル名を処理し、xargs -dまたはsort -hをサポートしないシステムで機能します。

du -s * | sort -n | cut -f2 | tr '\n' '\0' | xargs -0 -I {} du -sh "{}"

その結果:

368K    diskmanagementd
392K    racoon
468K    coreaudiod
472K    securityd
660K    sshd
3.6M    php-fpm
0
Mark Crossfield

これは出力をサイズの降順でソートします:

du -sh /var/* | sort -k 1rn

これにより、サイズの昇順で出力がソートされます。

du -sh /var/* | sort -k 1n

PS:これは任意の列で並べ替えるために使用できますが、その列の値は同じ形式である必要があります

0
user5337995

Solarisでテスト済み!

du -kh | sort -nk1 | grep [0-9]K && du -kh | sort -nk1 | grep [0-9]M && du -kh | sort -nk1 | grep [0-9]G

これにより、すべてのディレクトリサイズが再帰的に出力されます。一番下がギガバイト単位で最大のディレクトリ、一番上がキロバイト単位で最小のディレクトリになります。

0
Chuguniy