it-swarm-ja.tech

マニュアルページの色

「コンソール」(xtermではなく)のmanページを見ると、色が表示されますが、xtermには表示されません(例:konsole) )これを有効にする方法はありますか?うまくいけば、かなり単純なソリューションですか?

66
xenoterracide

termcap(5) 機能を使用する必要があります。一部のUnicesのマニュアルページでは、このツールは廃止されており、 terminfo を使用するように記載されていますが、 others (およびterminfoは、より複雑)。

さらに重要なことに、lesstermcapを使用します。


lessの色の設定

lessmanlessを使用)に色が付くように、次のようにします。

$ cat ~/.LESS_TERMCAP 
export LESS_TERMCAP_mb=$(tput bold; tput setaf 2) # green
export LESS_TERMCAP_md=$(tput bold; tput setaf 6) # cyan
export LESS_TERMCAP_me=$(tput sgr0)
export LESS_TERMCAP_so=$(tput bold; tput setaf 3; tput setab 4) # yellow on blue
export LESS_TERMCAP_se=$(tput rmso; tput sgr0)
export LESS_TERMCAP_us=$(tput smul; tput bold; tput setaf 7) # white
export LESS_TERMCAP_ue=$(tput rmul; tput sgr0)
export LESS_TERMCAP_mr=$(tput rev)
export LESS_TERMCAP_mh=$(tput dim)
export LESS_TERMCAP_ZN=$(tput ssubm)
export LESS_TERMCAP_ZV=$(tput rsubm)
export LESS_TERMCAP_ZO=$(tput ssupm)
export LESS_TERMCAP_ZW=$(tput rsupm)
export GROFF_NO_SGR=1         # For Konsole and Gnome-terminal

そして、私の~/.bashrcでこれを行います:

# Get color support for 'less'
export LESS="--RAW-CONTROL-CHARS"

# Use colors for less, man, etc.
[[ -f ~/.LESS_TERMCAP ]] && . ~/.LESS_TERMCAP

注:を参照してください LESS_TERMCAP_*変数に関するドキュメント? これがどのように機能するか。

最終結果

ss of man page

81

この問題は、mostなどの別のポケットベルを使用して解決できます。 manは実際にはPAGER環境変数で指定されたプログラムを使用します。 man(1) manページから:

マンページャー、ページャー

$ MANPAGERまたは$ PAGERが設定されている場合($ MANPAGERが優先的に使用されます)、その値は、マニュアルページの表示に使用されるプログラムの名前として使用されます。デフォルトでは、pager -sが使用されます。

値は、単純なコマンド名または引数付きのコマンドであり、シェルの引用符(バックスラッシュ、単一引用符、または二重引用符)を使用できます。

パイプを使用して複数のコマンドを接続することはできません。それが必要な場合は、ラッパースクリプトを使用してください。このスクリプトは、ファイルを引数または標準入力のいずれかに表示します。

mostがシステムにインストールされている場合は、manを起動する前にこれを試してください。

export PAGER=most
15
cannedprimates

デフォルトの下線は私の目を傷つけます。この設定により、私のmanページの読み取りが大幅に改善されます。

Coloured man page example

以下を `〜.bashrc 'に追加してください:

# Have less display colours
# from: https://wiki.archlinux.org/index.php/Color_output_in_console#man
export LESS_TERMCAP_mb=$'\e[1;31m'     # begin bold
export LESS_TERMCAP_md=$'\e[1;33m'     # begin blink
export LESS_TERMCAP_so=$'\e[01;44;37m' # begin reverse video
export LESS_TERMCAP_us=$'\e[01;37m'    # begin underline
export LESS_TERMCAP_me=$'\e[0m'        # reset bold/blink
export LESS_TERMCAP_se=$'\e[0m'        # reset reverse video
export LESS_TERMCAP_ue=$'\e[0m'        # reset underline
export GROFF_NO_SGR=1                  # for konsole and gnome-terminal

勝利のために、export MANPAGER='less -s -M +Gg'(source) ドキュメントへのパーセンテージを表示します。

11
Tom Hale

Oh My Zsh を使用する場合、colored-man-pagesファイルのplugins配列に.zshrcを追加できます。

5
tremby

'most'を永続的に保存

ターミナルを開く(Ctrl+Alt+T

  1. 'most'をインストールします。

    Sudo apt-get install most
    
  2. .bashrcを編集し、次のように入力します。

    nano ~/.bashrc
    
  3. 次の行を追加します。

    # color man-pages persistently
    export PAGER='most'
    
  4. 保存する

    Ctrl+O)-> Enter ->(Ctrl+X

  5. リフレッシュ

    source ~/.bashrc
    
  6. テスト

    man ln
    

これはxtermでも機能します。

3
Denis Griffin

http://nion.modprobe.de/blog/archives/569-colored-manpages.html から取得

抜粋:

$ mkdir ~/.terminfo/ && cd ~/.terminfo

terminfoの説明を取得します(mostlike.txtとして以下を保存します)。

# Reconstructed via infocmp from file: /usr/share/terminfo/x/xterm-pcolor
mostlike|manpages with color looking like most, 
    am, hs, km, mir, msgr, xenl, 
    cols#80, it#8, lines#24, wsl#40, 
    acsc=``aaffggiijjkkllmmnnooppqqrrssttuuvvwwxxyyzz{{||}}~~, 
    bel=^G, bold=\E[1m\E[31m, clear=\E[H\E[2J, cr=^M, 
    csr=\E[%i%p1%d;%p2%dr, cub=\E[%p1%dD, cub1=^H, 
    cud=\E[%p1%dB, cud1=^J, cuf=\E[%p1%dC, cuf1=\E[C, 
    cup=\E[%i%p1%d;%p2%dH, cuu=\E[%p1%dA, cuu1=\E[A, 
    dch=\E[%p1%dP, dch1=\E[P, dl=\E[%p1%dM, dl1=\E[M, 
    dsl=\E]0;\007, ed=\E[J, el=\E[K, enacs=\E)0, fsl=^G, 
    home=\E[H, ht=^I, hts=\EH, il=\E[%p1%dL, il1=\E[L, ind=^J, 
    is2=\E7\E[r\E[m\E[?7h\E[?1;3;4;6l\E[4l\E8\E>, kbs=^H, 
    kcub1=\EOD, kcud1=\EOB, kcuf1=\EOC, kcuu1=\EOA, 
    kdch1=\E[3~, kf1=\E[11~, kf10=\E[21~, kf11=\E[23~, 
    kf12=\E[24~, kf13=\E[25~, kf14=\E[26~, kf15=\E[28~, 
    kf16=\E[29~, kf17=\E[31~, kf18=\E[32~, kf19=\E[33~, 
    kf2=\E[12~, kf20=\E[34~, kf3=\E[13~, kf4=\E[14~, 
    kf5=\E[15~, kf6=\E[17~, kf7=\E[18~, kf8=\E[19~, kf9=\E[20~, 
    kfnd=\E[1~, kich1=\E[2~, kmous=\E[M, knp=\E[6~, kpp=\E[5~, 
    kslt=\E[4~, rc=\E8, rev=\E[7m\E[34m, ri=\EM, rmacs=^O, 
    rmcup=\E[2J\E[?47l\E8, rmir=\E[4l, rmkx=\E[?1l\E>, 
    rmso=\E[m, rmul=\E[m, 
    rs2=\E7\E[r\E8\E[m\E[?7h\E[?1;3;4;6l\E[4l\E>, sc=\E7, 
    sgr0=\E[m, smacs=^N, smcup=\E7\E[?47h, smir=\E[4h, 
    smkx=\E[?1h\E=, smso=\E[1;30m\E[47m, smul=\E[32m, 
    tbc=\E[3g, tsl=\E]0;, u6=\E[%i%d;%dR, u7=\E[6n, 
    u8=\E[?1;2c, u9=\E[c, 

次に、tic(terminfoエントリー記述コンパイラー)を使用してコンパイルします。

$ tic mostlike.txt

(コンパイル後にmostlike.txtファイルを削除することもできます。)

次に、お気に入りのシェルの*rcファイルにエイリアスを定義します。

$ alias man="TERMINFO=~/.terminfo/ LESS=C TERM=mostlike PAGER=less man"

Terminfoファイルを変更する場合は、infocmp mostlikeを使用して後で内容を取得します。

1
dirtybit

ダーティビットの答え を使用して、強調表示された検索結果の色を変更したいと思いました。これは「スタンドアウトモード」と呼ばれ、ファイル例は「xterm-yel​​low.ti」です。

xterm-yellow|yellow standout mode,
# exit standout mode
  rmso=\e[m,
# begin standout mode
  smso=\e[5;30;43m,
# similar terminal
  use=xterm,

ファイルをコンパイルしてインストールします。

tic xterm-yellow.ti

「〜/ .profile」などに行を追加します。

TERM=xterm-yellow
1
Steven Penny